8つのサイトの顧客データがダークウェブ上で販売、仮想通貨両替サービスCoinmamaが警告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

8つのサイトの顧客データがダークウェブ上で販売、仮想通貨両替サービスCoinmamaが警告

8つのサイトの顧客データがダークウェブ上で販売、仮想通貨両替サービスCoinmamaが警告

15日、仮想通貨両替サービスCoinmamaは、インターネット上の違法商品のマーケット「ダークウェブ」で、一部顧客のユーザーIDとパスワードが販売されている事を顧客に警告しました。同社は現在、コンサルティング会社とセキュリティ対策を施すとともに、ユーザーに対しデータ保護サポートの通知を検討しています。

Coinmamaによると、影響範囲は2017年8月5日までに登録したユーザー約45万通のEメールアドレスとハッシュ化されたパスワードと見られています。15日時点、これらのデータが攻撃者に利用された証拠は判明していません。また、事件の性質上、取引プラットフォームへのセキュリティ侵害に直接関連するものではありません。Coinmamaは、クレジットカードで仮想通貨を販売していますが、クレジットカード情報をサーバーに保存していません。

数日前、ハッカーが16の異なるWebサイトから収集した6億1700万件ものアカウントをダークウェブ上で売り出していました。

現在、同じハッカーが他の8つのウェブサイトから収集した1億2,700万件以上のアカウントデータを提供しています。ハッカーはすべてのデータをまとめて、約14,500ドル(=約160万円)相当のビットコインで販売しています。

TechCrunchによると、8つの新しいウェブサイトは(データ数)は以下の通り。いずれも同じオープンソースソフトウェア「PostgreSQL」データベースを使用しているとのことです;

Houzz(5700万):ー
YouNow(4,000万):動画配信
Ixigo(1800万):旅行情報
Stronghold Kingdoms(500万)
Roll20(400万);ゲーム
Ge.tt(180万):ー
PetFlow(100万):ペット商品販売
Coinmama(45万):仮想通貨販売

これらのウェブサイトでアカウントを持っているユーザーは、今すぐパスワードの変更が推奨されています。過去にこれらのサイトでパスワードを作成し、同じものを他のサイトで利用した場合も同様です。複数のウェブサイトで同じパスワードを利用すべきではありません。強力でユニークなパスワードの作成と保存が推奨されています。

2013年に設立されたCoinmamaは、通算130万以上、世界220ヵ国の顧客に暗号資産を販売しているサービスプロバイダーです。オーナーはイスラエルのNew Bit Ventures Limitedですが、Coinmama自体はスロバキアで登録されています。販売している仮想通貨は8種類;BTC, ETH, ETC, BCH, LTC, ADA, QTUM, XRP。米ドルとユーロの銀行送金、デビットカード、クレジットカード支払いに対応しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B