仮想通貨採掘大手Bitmain、ビットコイン採掘に利用する次世代型7ナノASICチップを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨採掘大手Bitmain、ビットコイン採掘に利用する次世代型7ナノASICチップを発表
 

仮想通貨採掘大手Bitmain、ビットコイン採掘に利用する次世代型7ナノASICチップを発表

Bitmain、次世代型7ナノASICチップを発表
Bitmain社が、ビットコインやビットコインキャッシュのマイニングに利用される7ナノASICチップ「BM1397」の発表を行なった。28.6%の電力消費削減を実現、パフォーマンスを向上させた。

プレスリリースによると、Bitmainのエンジニアチームが、アーキテクチャや電力回路の設計を最適化したことにより、消費電力はこれまで利用されていた「BM1391」の7ナノチップと比較し、28.6%の消費電力を抑える事に成功したという。

同チップは、年内に発表、販売が行われるS17とT17 ASICマシンに搭載が予定されている。

BTC.comとAntpoolがその該当マイニングプールに当たるが、最も大きなシェアに「Unknown(不明)」がシェア拡大を行なったことなどを理由に、一時43%にまで達していたシェアも、現在では30%ほどにまで縮小している。

まずBitmainのマシンを購入する時点だが、基本的に業者に対する購入制限などが設けられているわけではなく、一般人も購入が可能だ。

この点が、自社供給できるBitmainと、そのマシンを購入する業者との大きな収益率の差を広げる要因になりかねないため、新たなマシンの販売が行われている状況では、大きくBitmain社に優位性が傾く可能性はあり、マイニングハッシュレートシェアにも影響が反映されることも考えられる。

また、今回の消費電力低下の影響も大きいと言える。マシンの普及率やデフィカルティにも左右されるが、相場下落に影響したマイニングの収益分岐点が、消費電力の低下によるコストカットによって低下する可能性を示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B