来たる2月20日、バイナンスの独自チェーンと分散型仮想通貨取引所(テスト版)が公開へ|明かされた詳細とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

来たる2月20日、バイナンスの独自チェーンと分散型仮想通貨取引所(テスト版)が公開へ|明かされた詳細とは
 

来たる2月20日、バイナンスの独自チェーンと分散型仮想通貨取引所(テスト版)が公開へ|明かされた詳細とは

Binanceの独自ブロックチェーンとDEXが公開へ
世界最大手の仮想通貨取引所Binanceが、ついに独自チェーンと分散型取引所のテスト版公開の日を迎える。公開に先駆け、明らかになった詳細内容を掲載。

「バイナンス設立以来、我々のプラットフォーム独自のブロックチェーンを開発を思い描いてきた」 Binanceはツイッターで、独自プラットフォーム開始を目前に、コメントを残した。

来たる2月20日、バイナンスチェーンとともに、分散型取引所「Binance DEX」のテスト版がローンチされるが、バイナンスは自社ブログで、詳しくその内容を解説しているため、その重要点を記事で紹介する。

「ブロックチェーン技術が世界を変える」との信念の下、バイナンスは、独自のブロックチェーン開発を「世界を取引する」という目標達成のための重要な柱として位置付けてきた。

これにはバイナンスの当面の重要課題が理由にあり、「資産の取引」をスムーズに行えるプラットフォームを迅速に立ち上げることであり、機能の充実よりも、確実に大規模な取引処理を行えることを優先させた「単純な」アプリとして公開を行う。そのためには、ネットワーク構築に関する決断を効率的に行えるよう「分散型」ではなく「集権的」な手法(少ないノード数など)を用いるが、長期的には、ブロックチェーン管理は、よりコミュニティ主導のものへシフトさせていく意向だという。

また、機能に関しても、規模の拡大とともに随時、検討し、追加していくとしている。

分散型取引所(以下DEXと表記)における取引では、ユーザーは、秘密鍵を自分自身で保有管理するため、自身の資産を取引所に託すことなく、また個人情報を公開することなしに、直接ネットワークに接続して取引が可能であるという利点があるが、同時に、既存のDEXは、現在次のような課題に直面していると、バイナンスは分析している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B