世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー|500ETH(800万円相当)のランド4種が完売

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー|500ETH(800万円相当)のランド4種が完売
 

世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー|500ETH(800万円相当)のランド4種が完売

「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー(前編)
仮想通貨ETH使用した国産ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」の開発者に対し、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。最大の魅力である「士農工商エコシステム」の仕組みや、ついにクラウドセールを開始した「ランド」の裏話、国内外のブロックチェーンゲームの市場拡大について伺った。

僕(上野CEO/CTO)は、もともと新卒で「野村総合研究所」というマジメなシステム会社にいて、前職はモブキャストいうソーシャルゲームを開発・配信する会社に勤めていました。

はじめにモブキャスにジョインした時は、ガラケーでブラウザソーシャルゲームを配信していて、色々なゲームを集めたプラットフォーム開発の責任者を担当していたんですけれども、その後スマホでネイティブアプリというものが出てきて、ネイティブアプリゲームの開発にシフトしていきました。

いわゆる(基本無料アイテム課金制の)ガチャをビジネスモデルの中核に添えて、ユーザーさんに時間やお金をたくさん使ってもらう仕組みのソーシャルゲームは、ゲームサービスが終了すると、今までかけてきた時間もお金も無に消えてしまいます。このような状況をたくさん見る中で、もう少しどうにかならないのかなという思いがありました。

これをゲームに応用すれば、新しい遊びにもなるし、ビジネスモデル的にも新しい「資産性」というものができるので、ユーザーがそこに掛けた時間やお金が仮にサービスが終了してもユーザーの手元に残せるんじゃないかという思いから、「ブロックチェーンゲーム専業会社」であるdouble jump.tokyoを立ち上げました。

最初から決めていたのは、「最初のヒーローのプレセール→クラウドセール→(ローンチ後の)一般セール」」と展開していく中で、プレセール、クラウドセールという一番最初の不確実な時期にゲームのプレーヤーになっていただいた方々を単なるユーザーではなく、ステークホルダーとして大事にしていこうということです。

従来のソーシャルゲームとは根本的に設計が異なりまして、代表的なのは「アセットの考え方」なんですけど、従来のソーシャルゲームではどんどんインフレしていくのがアセットの基本的な在り方です。

その価値は希少価値としてずっと保全されて、逆にどんどん価値が上がってく分、ユーザーが増えていくに従って、下位のものが出てくるという真逆の設計なんです。アセットの価値がしっかり保たれ、先行で獲得したものの、希少価値はずっと残っていくという設計になっています。

また、アクティブユーザの増加に関して言いますと、我々がまず最初にターゲットにしたのは、仮想通貨の取引経験があり、既にdAppsをやっているような(いわゆるITリテラシーの高い)人たちでした。

今のソーシャルゲームに満足しているような方々の多くに、ブロックチェーンゲームは仕組み的にも理解しにくいところが沢山あるという状況の中、「無理に入れても、おそらく離脱が酷くなる上に、コミュニティが成立しないであろうな」と考えたからです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B