『あなたのスマホにATMを』みずほ銀行のキャッシュレス決済「Jコインペイ」が3月からサービス開始|東京オリンピック需要狙う

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『あなたのスマホにATMを』みずほ銀行のキャッシュレス決済「Jコインペイ」が3月からサービス開始|東京オリンピック需要狙う
 

『あなたのスマホにATMを』みずほ銀行のキャッシュレス決済「Jコインペイ」が3月からサービス開始|東京オリンピック需要狙う

みずほ銀行の「Jコインペイ」とは
みずほ銀行が、3月末に開始するQRコード決済サービス「Jコインペイ」では、預金口座からの入金で利用店舗での決済が出来るほか、使用者同士「手数料無料」で送受金できる。

Jコインペイは、みずほ銀行が開発した「QRコード」決済サービスだ。専用のアプリをスマホにインストールして、各行の預金口座から入金することで、利用店舗での決済が出来るほか、使用者同士「手数料無料」で送受金できる。

サービス開始は3月1日を予定しており、加盟店が支払う手数料は、クレジットカード決済額の2〜5%程度かかることがネックになってきたが、QRコードを使用することで、これを下回る水準に抑え、小規模店でも導入しやすくするという。

みずほFGの専務執行役員は、「現金をATMからおろして財布に入れて使うのと全く一緒。勝算はある」などと述べた。

国内でもキャッシュレス分野の競争は激化しており、先行する楽天ペイ、オリガミペイのほか、先日、国内最大のフリマアプリ「メルカリ」もスマホ決済サービスに参入した。コンビニエンスストアなど、NTTドコモの決済サービス「iD」の加盟店、全国90万カ所で利用出来るようになるという。

さらに、仮想通貨関連事業への進出も拡大する「SBIホールディングス」の北尾社長は、CoinPostの取材に対し、以下のように述べている。

マネータップは、(SBIが出資する)米Ripple社の分散台帳技術である「xCurrent」を利用したオープンな決済ネットワークであり、例えばCAFIS(主にクレジットカードを中心とした共同利用型のオンラインシステム)のような、高い維持コストと手数料は不要だ。

また、非常に低コストな決済ネットワークを24時間365日提供できることで、これまでの現金のやりとりは大幅に削減され、ATMも今のような数は必要なくなるわけですから、マネータップを推進することは、コスト削減で銀行にも大きなメリットがある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B