『1BNBで、子どもの1ヶ月分の食費が賄える』仮想通貨取引所バイナンス、東アフリカ・ウガンダでブロックチェーンベースの慈善事業開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『1BNBで、子どもの1ヶ月分の食費が賄える』仮想通貨取引所バイナンス、東アフリカ・ウガンダでブロックチェーンベースの慈善事業開始
 

『1BNBで、子どもの1ヶ月分の食費が賄える』仮想通貨取引所バイナンス、東アフリカ・ウガンダでブロックチェーンベースの慈善事業開始

バイナンスがブロックチェーンを用いた慈善プロジェクトのローンチ
バイナンスは、東アフリカでブロックチェーンを用いた慈善プロジェクトを開始する。仮想通貨で寄付を行うほか、ブロックチェーンの特性を利用し、学習支援施設への食事配給を目指す。

当プロジェクトは、「1バイナンスコイン(BNB)で、子どもの1ヶ月分の食費が賄える」というキャッチコピーを掲げており、仮想通貨で寄付が行われる。

同プロジェクトの具体的な内容は、カンパラの学習支援施設「Jolly Mercy Learning Centre」の200人以上の生徒とスタッフに、2019年の終わりまで1日2回の食事を提供するといったものだ。

初等教育大臣のRosemary Nansubuga Seninde氏は、ウガンダでの今回のプロジェクトは革新的な慈善活動であり、国にとってのマイルストーンになると強調した。

また、センター長のSsekiwanuka博士は、式典でプロジェクトについて以下のように述べている。

これまでの一般的な寄付には、金銭の流れが不透明なことなどが指摘されていたが、それをブロックチェーン技術の「改ざん不可能」と追跡可能性をもって解決した形だ。

バイナンスチャリティーの公式ページより、BTC、ETH、そしてBNBのいずれかを指定のアドレスに送金をするといった形で寄付が可能となっている。

昨年7月に発生した西日本豪雨の被災地に、総額約5670万円(63.03 BTCと169.85 ETH) に及ぶ寄付を行った。なお、その詳細については以前にCoinPostでも報じた。

仮想通貨の普及、実用化で世界をリードするバイナンスであるが、チャリティーといった分野でもその活動を積極的に進めている様子がうかがえる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B