仮想通貨ビットコインの非公式開発者会議、発行上限引き上げ・半減期の撤廃を検討|反対派の意見で新たな進展

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインの非公式開発者会議、発行上限引き上げ・半減期の撤廃を検討|反対派の意見で新たな進展
 

仮想通貨ビットコインの非公式開発者会議、発行上限引き上げ・半減期の撤廃を検討|反対派の意見で新たな進展

ビットコイン半減期に懸念される「検閲耐性」の低下
マイニングプールBTC.Topの設立者であるZhuoer氏は、ビットコインのコア開発者会議で、発行上限引き上げや半減期の撤廃が検討されていることを明かした。その背景には「検閲耐性」の低下への懸念があるとする。検閲耐性とは、ブロックチェーン上の取引内容の改ざんやネットワークへの参加が故意的に制限されることが困難であることを意味する。マイナーのインセンティブ低下によるマイナー数の減少が、ビットコインネットワークの検閲耐性、セキュリティの低下につながるという。

van der Laan氏はCoinDeskの取材に対し、以下のようなコメントも残している。

このように述べた同氏は、限られた発行数というビットコインの主要な特徴である側面を失うことにつながると考えているという。

コピーすることが日常茶飯事であるインターネットにおいて、限られた発行数があるビットコインは希少だ。

多くのプロジェクトが稀少価値を産もうと試みたが、ビットコイン以外は全て失敗に終わっている。

ビットコインの稀少価値につながる発行数の上限を変えてはいけない

これらビットコインの仕組みに変更を加える検討内容は、マイニングプールBTC.Topの設立者であるJiang Zhuoer氏(以下、Zhuoer氏)が、中国最大のSNSである「weibo」への投稿が行われた。Zhuoer氏のほかにも、複数の開発者から、ビットコインの手数料高騰を抑える施策として、議論されていることがわかっている。

検閲耐性とは、ブロックチェーン上の取引内容の改ざんやネットワークへの参加が故意的に制限されることが困難であることを意味するが、インセンティブ低下によるマイナー数の減少がマイニングの中央集権化につながり、結果的にそれの低下に至るという理論だ。

それらの主張は、コア開発者らの間で、ネットワークのセキュリティを維持する上でマイナーのインセンティブの確保が重要であり、そのための半減期の廃止や発行上限の引き上げが現実的に検討すべき段階にあることを示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B