英銀行、仮想通貨XRPの「xRapid」を利用した国際送金開始を明かす|実利用段階に確かな手応え

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英銀行、仮想通貨XRPの「xRapid」を利用した国際送金開始を明かす|実利用段階に確かな手応え
 

英銀行、仮想通貨XRPの「xRapid」を利用した国際送金開始を明かす|実利用段階に確かな手応え

Euro Exim BankがxRapidの実利用開始に言及
英国のEuro Exim Bankが、xRapid採用から既に国際送金で実利用している事を明かした。Euro Exim Bankは、80カ国でサービスを展開する銀行で、仮想通貨XRPを利用したxRapid採用を銀行で初めて行なった事例として、今年大きな話題になったばかりだ。ロンドンで開催されたリップル主催のイベントでは、Mercury FXとともに、xRaid採用による手応えと、実体験から見えたメリットを語った。

80カ国でサービスを展開するEuro Exim Bankは、同銀行の運営部長Graham Bright氏(以下、Bright氏)が登壇。法定通貨の流動性に欠ける地域に、リップル技術を利用したソリューションの必要性を強調した。

以下は、イベントでスピーチ映像となる。

Euro Exim Bankは、まだRippleと提携まもない企業であるが、2019年1月にxCurrentおよび、xRapidの導入を発表、同年2月にxRapidの実装成功を発表していたが、xRapidを利用した国際送金サービスを顧客向けに国際取引として提供していることを発表したのは、今回が初めてだ。

この発表は、XRPのファンダメンタルズ要因としても重要と見られるだろう。銀行による仮想通貨利用の国際送金プラットフォームが採用されたこと自体が大きな話題になったが、実利用段階にすでに移行し、ファンダメンタルズバリューになり得ている点は、かなり重要だ。また実利用段階まで短時間で行えた点、も高い評価を得る可能性が高い。

Constance氏は、xRapid採用に至った理由として、世界中の顧客への迅速かつ低コストな資金移動手段の必要性と、Swiftではそれが困難であったことを説明した。

また、xRapid利用の実証実験としてのメキシコの孤児院への寄付の送金が成功したこと、メキシコからイギリスへの食品の輸入の決済に実利用できた点について、使用事例を元に同社の体験談を述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B