ビットコイン(仮想通貨)取引と親和性の高い伝統金融業界の組織ランキング|ヘッジファンドのアナリストが主張

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(仮想通貨)取引と親和性の高い伝統金融業界の組織ランキング|ヘッジファンドのアナリストが主張
 

ビットコイン(仮想通貨)取引と親和性の高い伝統金融業界の組織ランキング|ヘッジファンドのアナリストが主張

伝統金融領域でビットコインと親和性の高い組織とは
FXヘッジファンドやデジタル資産トレード企業を運営するSu Zhu氏は、ビットコインと親和性の高い伝統金融領域の組織をランク付けして主張した。VanEckでデジタル資産ストラテジストも同調し、見解を述べている。
有名大学の仮想通貨分野への投資は小規模に留まる
これまでミシガン大学やイェール大学といった有名大学も仮想通貨分野に投資をしてきた。ミシガン大学は今月には仮想通貨ファンドへの投資の増額を決定した。しかし、その規模は、それらの大学の莫大な資金と比較すると非常に小規模なものに留まっている。

また同氏によると、ビットコインや他の仮想通貨を含めた新しい技術を受け入れようとする組織のアプローチと意思決定への影響においては、「インセンティブと哲学が大きな役割をもつ」とする。

Zhu氏のコメントに対して、大手金融サービス企業VanEckでデジタル資産ストラテジストとディレクターを務めるGabor Gurbacs氏(以下、Gurbacs氏)は、ツイッターで以下のような発言をしている。

今月の19日には、ミシガン大学が仮想通貨関連ファンドへの投資を強化していくことを公式の文書で公表した。

しかし、ミシガン大学の仮想通貨に関連した分野への投資は事実であるものの、同大学の資金全体は119億ドル(1兆3000億円)以上であることが推定されている。その規模の資金から考慮すると、同大学の仮想通貨分野への投資は非常に小規模であるといえるだろう。

また、昨年の10月には、イェール大学も300万ドル(約3億3千万円)をAndreessen Horowitz社の仮想通貨ファンドへ投資したことがCNBCによって報じられたが、それも同大学の119億ドル(2兆7900億円)の資金からすると小規模なものに留まる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B