仮想通貨ニュースまとめ!先週(2/18~2/24)の重要ニュースを一気読み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ニュースまとめ!先週(2/18~2/24)の重要ニュースを一気読み

仮想通貨ニュースまとめ!先週(2/18~2/24)の重要ニュースを一気読み

2月18日から2月24日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

15日、ワイオミング州で、仮想通貨と暗号資産を「デジタルマネー」と定義して、財産としての法的地位を与える法案(SF0125:Digital assets-existing law)が両院で可決されました。

この法案は今週にも法律になる可能性があり、企業による暗号通貨の所有権を与える最初の米国の州となるだろう。これは、銀行が暗号資産を「投資信託(トラスト)」として預かる上で役立ちます。

ウォール街出身で、ワイオミング州ブロックチェーン連合のケイトリン・ロング(Caitlin Long)会長は、この法案の可決についてツイートしています。

米国証券取引委員会(SEC)は、先月末にCboe BZX ExchangeとVanEckに再提出された現物拠出型ビットコインETF(上場投資信託)の規則変更案(file No. SR-CboeBZX-2019-004)の審査を開始します。提案は2月20日に連邦官報に公開される事になっています。

本ETF「SolidX Bitcoin Shares」は資金管理会社VanEck(ヴァンエック)と、ブロックチェーン・スタートアップSolidX(ソリッドX)によって組成され、シカゴ・オプション取引所の子会社Cboe BZX Exchangeでの上場を目指しています。この証券はビットコイン先物契約のパフォーマンス(ベンチマーク先物契約)ではなく、背後でビットコインの現物を保持します。そのためSECの承認が得られれば、新たな資金がビットコイン現物に費やされ、より流動的な市場を形成すると期待されています。

ピアツーピア暗号取引プラットフォームLocalBitcoinsによると、インドネシアのビットコイン取引量が2倍以上に増加しました。直近2週間で、ビットコイン週間取引数は102 BTCから222 BTC(=約9700万円)に増加しました。

また、CoinGeckoのデータによると、インドネシアの暗号資産取引所Indodaxの全体の取引量は過去14日間で230万ドルから570万ドル(=約6億2700万円)に倍増して、市場68位にランクしています。BTC対IDRは全体の37%を占めており、TRX対IDR(13.7%)、ETH対IDR(8.8%)XRP対IDR(5.5%)が続きます。*IDR=インドネシアルピア

バイナンスの独自ブロックチェーン、「Binance Chain」のテストネットがリリースされました。分散型取引所「Binance DEX」でウォレットを作成して、トークンの取引を開始できます。現在はプロキシ(代用)トークンを用いた18ペア(全て対BNB)が設置されています。

20日、韓国サムスン電子は、最新のスマートフォン「Galaxy S10」を発表しました。Galaxy S10には、暗号資産の秘密鍵用に設計された専用の保管機能(Samsung Knox)が搭載される予定です。プレスリリースでサムスンは以下のように述べています:

「Galaxy S10は、軍用グレードのSamsung Knoxと、ハードウェアで保護された安全なストレージで構築されています。ストレージはブロックチェーン・モバイルサービス用の秘密鍵を格納する。」

暗号資産取引所は銀行と似ており、トレーダー、投資家、プロジェクト、その他の利害関係者の仲介者として機能します。しかし、取引所を比較するために使用される測定基準の一つ「日々の取引量」は、不当に創出されるリスクがあります。

Hacken SystemとCrypto Exchange Rank(CER)は、より正確なランク付け方法として、取引所の「ウォレット残高」を提示しています。

22日、イーサリアムコア開発者のハドソン・ジェームソン(Hudson Jameson)氏は、イーサリアム財団のブログで、イーサリアム・ネットワークの予定されるアップグレードについて正式に発表しました。これまでYoutubeで公開された開発者会議の内容が報じられてきましたが、財団から改めてアップグレードの内容が説明されています。(Hudson氏は開発者会議に出席)

ネットワークのアップグレードは、基盤となるイーサリアム・プロトコルに対する変更であり、システムを改善するための新しい規則を実装します。次のアップグレードは、2月28日(日本3月1日am3:04)と予測されるブロック番号7,280,000で実行予定です。正確な日付は、今後のブロック時間に応じて前後に変更されることがあります。

24日、ビットコイン価格は、4,100ドル(=約45万円)を超えて急上昇し、あるアナリストは暗号市場に自信が生まれていると述べています。

リップル(XRP)は、ビットコインの価格変動の直後に35.02円から37.68円に急上昇し、約7.5%上昇しました。ネム(XEM)は、5円前後から5.59円へと加速、前日比12.4%高となっています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B