仮想通貨ビットコインとイーサリアムの金融製品登場を示唆|アクセンチュア決済業界動向予測2019

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインとイーサリアムの金融製品登場を示唆|アクセンチュア決済業界動向予測2019
 

仮想通貨ビットコインとイーサリアムの金融製品登場を示唆|アクセンチュア決済業界動向予測2019

ビットコインとイーサリアムの金融製品登場を示唆
アクセンチュアは、世界的な決済システムの状況について「決済インフラの革新と目ざましい進化の時代」と表現。XRPなどの代替決済ネットワークの台頭や、送金・決済アプリを提供するフィンテック企業参入を理由に挙げた。

そのきっかけとなったのは、リップル(XRP)などの代替決済ネットワークの台頭、P2P送金や多通貨対応のウォレット、並びに送金・決済アプリを提供するフィンテック企業の参入だと、同氏は述べている。

2019年の動向では、現金決済の減少が加速する一方、すでに定着した決済システムとして、スマートフォンやモバイルウォレットアプリ大手が提供するApple Pay、Samsung Pay 並びにGoogle Payのさらなる成長が見込まれると予測している。

また、非接触型のタッチ決済やウェアラブル機器向けのモバイル決済も成長の兆しが見えると述べているが、中でもヨーロッパでは、2019年に非接触型決済が全ての決済の50%を占めるようになるとの予測も行なっている。

ヨーロッパでは、既に決済サービスプロバイダー向けに導入されている、PSD2に対する銀行の準拠も求められているが、このPSD2規制に準拠したAPIは、今では大半のヨーロッパの銀行で提供されるようになってきているという。

中国のモバイル決済大手Alipayは、ヨーロッパ各国の決済サービス会社と提携して、グローバルレベルで相互運用性の高いシステムを構築しつつあるが、今までは、中国人ユーザーに対象が限られていた。

そして、技術の進歩の勢いに支えられ、決済システムおよびそのインフラは継続的に変化し、市場を混乱させると同時に、新しいスキームやビジネスモデルの創造を促進しながら発展を続けるだろうと、同氏は主張する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B