ソニーと富士通がブロックチェーン活用した試験データ管理システムを開発|試験結果や証書の不正防止を実現

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ソニーと富士通がブロックチェーン活用した試験データ管理システムを開発|試験結果や証書の不正防止を実現
 

ソニーと富士通がブロックチェーン活用した試験データ管理システムを開発|試験結果や証書の不正防止を実現

ソニーと富士通がブロックチェーンシステムを合同開発
富士通とソニーは合同で試験や証書などのデータ管理を目的としたブロックチェーンシステムを2月末から1ヶ月間試用することが朝日新聞の報道で明らかになった。入国管理局への提出が必要な教育データや証書を全てブロックチェーンで管理する。

分散化されたデータベースで情報を保管することで、書類の改ざんを複雑化を実現、そうして日本での住民権を不正に得ようとする移住者を防ぐことを目的としている。

2月末から1ヶ月の間、東京などに拠点を持つヒューマンアカデミーで試用された後、2019年度が開始する4月からの本格導入を計画しているという。

しかしこのような教育データや書類を改ざんする動きが近年問題となっており、昨年もベトナムで日本移住に必要とされる書類の偽造する地元ブローカーが発見されている。

そこで、大手IT企業の富士通とソニーの子会社であるソニー・グローバルエデュケーションが合同で入国に必要な教育書類の不正を探知するシステムを合同で開発、富士通のオンライン学習システムとソニーのブロックチェーン技術を組み合わせることで実現化した。

なお、ソニーのブロックチェーンは米IBM社やLinux Foundationが携わっているHyperledger上で実装されている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B