よく投資家に誤解されがちな「仮想通貨XRPとリップル社」5つの疑問

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

よく投資家に誤解されがちな「仮想通貨XRPとリップル社」5つの疑問
 

よく投資家に誤解されがちな「仮想通貨XRPとリップル社」5つの疑問

リップルやXRPに生じる様々な誤解
米Forbesは記事で、リップル社や仮想通貨XRPに関する様々な誤解を解説した。掲載された14の誤解の中で、投資家に誤解されがちな5つの疑問をピックアップして、内容を解説。

リップルに対する頻繁にみられる誤解

米リップル社及び仮想通貨XRPには、さまざま誤解が生じているとする記事を、米Forbesが掲載した。2K/DENMARKのクリエイティブディレクターThomas Silkjær氏による寄稿記事で、Ripple社とXRPに関する14の誤解が書かれている。

例えば、クロスボーダー決済のための2つのプロダクト「xCurrent」や「xRapid」の違いや、収益モデル、XRP保有のメリットなどが該当する。

本記事では、Forbesに掲載された誤解を、5つピックアップし、内容を解説しながら説明していく。

リップルの送金に関連する主要なプロダクトとして、「xCurrent」と「xRapid」の二つのワードを見る機会は多い。 (他にもあるが、今回は二つに絞る)

プロダクトに対する誤解

ビジネスモデルに対する誤解

xCurrentは、ネットワーク参加者にメッセージングと、透明で安定のある取引を提供するグローバルなリアルタイム決済システムで、処理速度は、SWIFTが提供する既存の送金ネットワークと比較しても、飛び抜けた速さである事が特徴の一つだ。

そこで挙げられる疑問として、「XRPがなぜそ必要なのか」というものがあるが、その答えとしては、XRPを利用した方が、フィアット(法定通貨)と比較して低コストかつ迅速な決済が可能であるという点が挙げれる。

インターレジャープロトコルとは、銀行やビットコイン等の異なる台帳間を繋ぎ、簡単に送金をするようにするための規格を指す言葉だ。

リップル社によると、多くの組織にとってノストロ口座を保持することは非持続的かつ高いコストを伴うものであるという。要するに中継銀行などにもお金をプールしておかないといけないなど、動かせない資金(無駄なコスト)が生じてしまうデメリットがある。

それについては、同社は以下のように述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B