フィデリティの暗号資産取引サービスの上場基準は時価総額順だが、イーサリアムはフォークが懸念される

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フィデリティの暗号資産取引サービスの上場基準は時価総額順だが、イーサリアムはフォークが懸念される

フィデリティの暗号資産取引サービスの上場基準は時価総額順だが、イーサリアムはフォークが懸念される

フィデリティインベストメンツの子会社、フィデリティ・デジタル・アセッツ(FDAS)がイーサリアム(ETH)をサポートするのは、しばらく先になるかもしれません。

FDASのTom Jessop(トム・ジェソップ)CEOによると、2019年Q1に稼働するデジタル資産取引および保管サービスは、暗号資産の上場審査基準を設けています。

Jessop氏は以前、FDASでイーサリアムや他の暗号資産の追加を検討していると語りました。しかし、その審査プロセスは一筋縄ではないとコインデスクに語っています;

「我々は現在ビットコインをサポートしています。我々は年間のバランスを見て、他の暗号資産のサポートを計画しています。その際、顧客の需要や他の事柄を含め、社内のセレクションフレームワークにおいて様々な基準を参照します。」

このフレームワークは、コインの分散性、クライアントの要求の多寡、およびFDASプラットフォームで特定の暗号資産のサポートを困難にする「プロトコルの特殊性」の有無を見ています。少なくともこれまでのところ、顧客の需要は時価総額と密接に関連しています。Jessop氏は以下のように続けました;

「私達はおそらく時価総額が高い順番に取り入れます。需要があるからですが、だからといって全てのコインをサポートすることを意味する訳ではありません。率直に言って、顧客(の需要)と関係無い理由のためにサポートしないコインがありそうです。」

Jessop氏は、現在時価総額2位のイーサリアム(ETH)を例示しました;

「私たちはイーサリアムをサポートしたいのですが、ハードフォークと複数のアップグレードがあると知っているので、プラットフォームへの上場を判断する前に、それらが上手くいくか見る事になるだろう。」

FDASは、投資家を確実に保護しなければならない。Jessop氏はまた、イーサリアム・クラシックを例に、プロジェクトに対する51%攻撃のリスク評価もフレームワークに含まれていると指摘しました。現在の所、プラットフォームへの新たな資産の追加について、タイムラインは一切述べられていません。

今後の展望として、FDASは年末までに米国の90%の市場をカバーすることを目指しているという。そのためには、マネーサービスのビジネスライセンスなど、規制当局による承認が必要となります。Jessop氏は、FDASの現時点のライセンス取得状況については、「妥当な数」とだけ述べています。

さらに同氏は、「当社は資格のあるカストディアンとしての地位を追求し続けています。…それは今年の最優先事項です。」と付け加えました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B