リップル社CTOが言及「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱」 その発言の意味とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社CTOが言及「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱」 その発言の意味とは
 

リップル社CTOが言及「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱」 その発言の意味とは

リップルCTO「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱」
ポッドキャスト「Unhashed」のホストがXRPレジャーは脆弱ではないか、とツイッター上で発言したことに対し、リップルのCTOは「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱だ」と反論した。

リップル社CTO「ビットコインは仮想通貨XRPよりも脆弱」

リップル社のCTOであるDavid Schwartz氏はSNS上で、ビットコインはXRPよりも脆弱であるとする発言した。

ポッドキャスト「Unhashed」のMCであるRuben Somsen氏が、ツイッター上にて「XRPレジャーは、ブロックの承認が遅れている際に、ノードがブロックの承認をスキップする機能を備えているが、そこに脆弱性があるのではないか。」と発信したことが事の発端だ。

それを受けたSchwartz氏はこのように反論を述べた。

Schwartz氏の以前の発言

Schwartz氏は以前にも、イーサリアム・クラシック(ETC)が51%攻撃を受けた際、XRPと対比し、ビットコインや、現在のイーサリアムなどのコンセンサスアルゴリズムである、PoWに言及している。

XRPレッジャーのコンセンサスプロトコルはETCなどに潜んでいるリスクをすでに取り除いている。

PoWは、最大の約束だった非中央集権化がXRPほど実現できていない。

また、ビットコイン取引は平均で10分〜1時間程かかる中、XRPは5秒で送金が完了する。

XRPレッジャーの公式サイトによれば、XRPのコンセンサスメカニズムは、マイニングを利用するPoWやステインキングで稼働するPoSと異なり、「Proof of Correctness」であり、設計上51%攻撃の耐性が設けられている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B