歪なレンジ継続中のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

歪なレンジ継続中のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
 

歪なレンジ継続中のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

レンジ継続のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
BitFlyerではサーキットブレイクを発生させた前回の大暴落の後、ビットコインは4時間足レベルで歪なレンジを形成している。過去の値動きを参照しつつ、今後期待される複数シナリオをインジケーターから紐解き考察する。

“比率”と銘打っているが、その実買いポジションと売りポジションの数量の絶対値である。マーケットに入っているロングとショートのポジション数を比較することで、大口の動向やトレンドの先読みをある程度推測することができる。

MACDダイバージェンス

前回記事の後、しばらく上昇雲の中を推移していた値動きは先行スパン1に押され下落。

ダイバージェンス(Divergence)とは、「相違、乖離、逸脱」の意味で、値動きとMACDラインの推移が逆行している現象のことを指す。

(追記)記事作成中にフィボナッチリトレースメント0.382に抑えられる形で4時間足が1本確定した。

BitfinexのBTCUSD4時間足チャートでの値動き

ここ二週間の値動き

今後の展望

前回記事でお伝えした1月19日13:00から続く「OBVサポートライン」は、4日13:00に一度割ったものの再度復帰している。LSポジション比を確認すると、ショートが3000玉ほど消費され、ロング比率にかなり接近している状況にある。

ちなみに、BitflyerのBTCJPY4時間足チャートではよりSMA200が意識されていることがわかる。単純移動平均線といった過去の損益分岐点を表すインジケーターは、取引所のトレーダーによって意識のされ方が異なるので注意が必要である。

大衆意識が作用する視覚的なラインやフィボナッチなども、取引所ごとのローソク足の形に依存するため言わずもがなである。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B