仮想通貨ビットコイン財団などが運営する海外ウェブサイトのデータ比較|LongHash調査

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン財団などが運営する海外ウェブサイトのデータ比較|LongHash調査
 

仮想通貨ビットコイン財団などが運営する海外ウェブサイトのデータ比較|LongHash調査

仮想通貨財団が運営する代表的なウェブサイトのデータ比較
米大手仮想通貨データサイトLongHashは、仮想通貨の潜在投資家と特定の銘柄における関連サイトのアクセス数を調査し比較した。
LongHash
日本語公式HP:jp.longhash.com
英語公式HP:longhash.com
日本語Twitter:@longhash_jp
英語Twitter:@longhashdata

LongHashは独自のデータ分析を基に、仮想通貨のトレンドやニュース、価格に関する情報を日中英の3ヶ国語で提供するジャーナリズム・プラットフォームです。

ブロックチェーンデータの解析や解説を行うLongHash所属のデータサイエンティストやライターを世界中に抱え、分かりやすい記事で配信しています。

またLongHashはブロックチェーンハッカソンやミートアップの企画、実施運営のサービスも提供しております。

なお、共同設立者であるEmily Parker氏は、以前記者としてWSJやNYタイムズで務めたほか、米政府の技術政策専門アドバイザーを歴任しています。

より多くの記事を読みたい方は、こちらからLongHashの日本語公式ページへアクセスできます。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

失われた秘密鍵:カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」事件再発をどう防ぐのか|LongHash考察
QuadrigaCXのCEO兼、唯一の鍵管理人 Cotten氏が急死した結果、1億ドルの価値に及ぶ仮想通貨を引き出すことが不可能となった。再発防止に求められることとは?

&from=in_article

来たる戦争「ブロックチェーン」VS「ディープフェイク」 偽情報を利用した相場操縦などへの対策で注目を集める
AIを利用し、巧妙に作り込まれた「フェイク動画」がネットで公開、仮想通貨も含めた相場操縦に利用されるなど、その偽動画作成の元となる技術「ディープフェイク」の行く末に警鐘が鳴らされている。ブロックチェーンは、その「ディープフェイク」に対抗する有効な手段となる可能性を秘める。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨財団が運営する代表的なウェブサイトのデータ比較

より多くの記事を読みたい方は、こちらからLongHashの日本語公式ページへアクセスできます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ある仮想通貨について調べる際、投資家たちが訪れる可能性が高いのが、保有する通貨と最も関連がありそうなウェブサイトだ。米大手仮想通貨データサイトLongHashは、主要通貨に関連性の高いウェブサイトのアクセス数を比較した。

業界最上位の部類に入る仮想通貨関連サイトのトラフィック数を比較する上で参考にしたのは、時価総額ランキングで、現在上位10位までを占める仮想通貨と、一般にそれに関連づけられるウェブサイトだ。

ただし、バイナンスコイン(ランキング7位)に関連付けられる「Binance.com」については、訪問者の多くが仮想通貨そのものよりも、取引に関心を持っている可能性がある。そのため月間アクセス数は数千万件にのぼるものの、同サイトは比較対象から除外すべきと判断されている。

最もトラフィックが多かったのはBitcoin.org

2位はイーサリアム関連サイト

トラフィックと時価総額に乖離があったのは

ウェブサイト分析ツールのシミラーウェブ(SimilarWeb)
によれば、この中で2019年1月のトラフィックが最も多かったのは、「Bitcoin.org」だった。

ただし、同サイト自身が認めているように、Bitcoin.orgはビットコインの「公式ウェブサイト」ではない。実際、多くの仮想通貨は分散型の技術が基礎となっているため、公式ウェブサイトの類を持っていない。

月間アクセス数で同サイトを約40%下回り、2位につけたのはEthereum.org。イーサリアムの考案者の一人であるヴィタリック・ブテリンが、2014年にイーサ(Ether)の売り出し開始を発表したことで有名なウェブサイトだ。

2019年1月のEthereum.orgのアクセス総数は約128万件。

平均的なユーザーが同サイトで、費やした時間はわずか2分弱で、トラフィックの多く(43.19%)はオーガニック検索から生じている。注目すべきは、Ethereum.orgは私たちが検証したウェブサイトの中で、Litecoin.org(73.26%)に次いで2番目に直帰率が高かったという点だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B