ビットコインのショート比率が増加傾向 動かぬ仮想通貨市場に新たな変化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインのショート比率が増加傾向 動かぬ仮想通貨市場に新たな変化
 

ビットコインのショート比率が増加傾向 動かぬ仮想通貨市場に新たな変化

動かぬ仮想通貨市場に新たな変化
ビットコインの60日価格変動率が2018年11月以来の低水準になったほか、ショートポジションが増加傾向にあることがわかった。

動かぬ仮想通貨市場に新たな変化

仮想通貨市場は、3月に入り価格が停滞、ビットコイン価格も3万円幅のレンジ内での推移が続いている。

ビットコインのマーケットデータでは、60日ボラティリティインデックスが、2018年11月以来の低水準に落ち込んでいることがわかった。

ボラティリティの低下をどのように見るか、という点では複数の専門家の見解がある。

LS比率に新たな兆候も

これは、ボラティリティが上昇傾向に転じる場合でも、下落方向への可能性も考えるべきだとする意見だ。

また、このようなボラティリティの低下を受けてか、各取引所のLS比率に新たな兆候も確認されている。

まず、各取引所のLS比率推移から掲載する。

Bitfinex

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B