仮想通貨領域を専門とする米弁護士、ビットコインETFやICOの有価証券問題の最新情報を解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨領域を専門とする米弁護士、ビットコインETFやICOの有価証券問題の最新情報を解説
 

仮想通貨領域を専門とする米弁護士、ビットコインETFやICOの有価証券問題の最新情報を解説

仮想通貨弁護士、ビットコインETFの将来性
米国における仮想通貨・ブロックチェーン法案に詳しいJake Chervinsky弁護士がポッドキャストに出演しビットコインの将来性やICO規制など様々なトピックについて触れた。
目次
  1. ビットコインETF
  2. 仮想通貨ETFの問題点
  3. ICOについて
  4. 仮想通貨規制のあり方
  5. ビットコインの法的立ち位置

「長期的にはビットコインETFは必要不可欠ではない」

ETFについて

ビットコインETFや米政府の仮想通貨に関する規制に関して意見を発信する、ブロックチェーン特化型の弁護士であるJake Chervinsky氏が人気ポッドキャスト「Tales form the Crypt」に出演した。

CboeがVan EckのETFを上場したい場合、Cboe上で不正行為が防止できれば認可されるべきだというのが同氏の主張だ。

Gladius社に至っては、有価証券に該当する可能性があるとして、自主的にSEC側に申請したことが功を奏して罰金は下されなかった。

また余談だが、米国法下では大半のものがコモディティであるが、玉ねぎは該当しない。

対象的に、その他のコミッショナーはビットコインの現物市場が複数の仮想通貨取引所で大きな板を入れることによって操作されてしまっては本末転倒だと考えている。

そもそも、SECが全てのICOプロジェクトを取り締まること自体が事実上不可能だが、すでにこれまでの摘発や発言からSEC側は、言いたいことを明らかにしている。

20世紀中盤に、玉ねぎの先物取引が寡占状態となっていたため、禁止されたからだ。

まだ実在しないネットワーク上でトークンを発行し、将来的な利益を約束して資金調達することは「有価証券」に該当するということになる。

ETFの問題点

ビットコインETF実現が意味するもの

ICOについて

ビットコインの法的立ち位置

また同氏は現在、ビットコインETF認可の最大の足枷となっている点についても触れた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B