「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家、仮想通貨ビットコインを人生初購入|懐疑的な姿勢から一転

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家、仮想通貨ビットコインを人生初購入|懐疑的な姿勢から一転
 

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家、仮想通貨ビットコインを人生初購入|懐疑的な姿勢から一転

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家が仮想通貨ビットコインを購入
世界有数の投資家マーク・ファーバー氏が、仮想通貨に懐疑的な姿勢から一転して、BTCを購入したことが判明した。大手仮想通貨企業XapoのCEOと対談したことが理由の一つとなったという。

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家が仮想通貨ビットコインを購入

仮想通貨に懐疑的な姿勢を示していた、スイスを代表する投資家「マーク・ファーバー氏」が、今までの立場から一転して、ビットコインを購入していたことが、独金融メディアCashのインタビューで明らかになった。

富裕層向けの資産運用も行うファーバー氏は、スイスを代表する投資アナリストで、1987年に発生した株式市場の歴史的大暴落「ブラック・マンデー」を事前に予測したことから、”クラッシュの預言者(Crash Prophet)”と呼ばれている。

ファーバー氏は金融市場に対して悲観的な立場を持つことが多く、Gloom Boom Doomのニュースレターや、逆張りの投資戦略で知られるカリスマトレーダーだ。

同氏は、仮想通貨に対しても懐疑的な姿勢を示していたが、今回以下の理由でビットコイン購入に至った。

ファーバー氏は、ビットコイン価格がピーク時の2万ドル(220万円)から3千ドル(33万円)台まで下落して、バブルの過熱感が薄まったことから、テクニカル面が「大幅に改善している」と説明した。

昨年5月時点で、BTCの総流通量の1兆円相当を保管していたとされる、仮想通貨保管企業Xapoを運営するCasares氏は、「ビットコイン価格は”ゼロ”になるかもしれないが、100万ドル(1.1億円相当)になる可能性も同じ位高い」などと発言したことに興味を惹かれたと言う。

さらにファーバー氏は、このような状況を踏まえ、ビットコインの将来について以下のように述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B