シカゴ大学資産運用代表、大口が利用する仮想通貨OTC取引を解説|そのメリットや課題、マーケットへの影響とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シカゴ大学資産運用代表、大口が利用する仮想通貨OTC取引を解説|そのメリットや課題、マーケットへの影響とは
 

シカゴ大学資産運用代表、大口が利用する仮想通貨OTC取引を解説|そのメリットや課題、マーケットへの影響とは

暗号資産運用会社BlockTowerの共同設立者OTC取引を解説
シカゴ大学でポートフォリオマネージャーも務めた暗号資産運用会社BlockTowerの共同設立者Paul氏がOTC取引を解説。そのメリットや課題、マーケットへの影響、匿名性についての見解を示した。

OTC取引とは

OTC取引とは、店頭取引を意味する「Over The Corner」の略語であり、売買取引を行う当事者同士の直接取引を指す。

仮想通貨取引所は仲介に入る場合、と入らない場合があるが、一般の取引所の板取引とは異なるため、大口投資家などが多く利用する取引方法となる。

また、スカイプ等のSNSを経由してのOTC取引も行われているといい今後さらに普及が見込まれる取引手段である。

Ari Paul氏がOTC取引を解説

OTC取引のデメリットとは

OTC取引のマーケットへの影響

OTC取引の匿名性は

同氏はOTC取引は交換における代替的な手段の1つであるとする。また、仮想通貨取引の25~50%はOTC取引であるという。

の理由は、取引所での取引ではその規模になると価格変動を起こしてしまい、結果的にその影響を自身が受けてしまうからである。

その点OTC取引では、そのような価格変動なしに安定した価格での取引が可能となる。

なお、少額の取引については、その取引によって価格変動を起こすといったことはないため取引所の方が適切であるとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B