米上場企業、SECに仮想通貨取引所の設立を申請|米初の事例に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米上場企業、SECに仮想通貨取引所の設立を申請|米初の事例に
 

米上場企業、SECに仮想通貨取引所の設立を申請|米初の事例に

RiotX、SECの規制に則った仮想通貨取引所の開始を計画
米国上場企業Riot Blockchain社はSECに対して、仮想通貨取引所などの申請を行なっている。連邦レベルの正式申請は初の事例となる。

RiotX、SECの規制に則った仮想通貨取引所の開始を計画

米国上場企業Riot Blockchain社は、子会社RiotXにて、銀行業、取引所、デジタルウォレット業を主要業務とする取引所を開始することを証券取引委員会(SEC)への申請にあたり明らかにした。SEC
への申請書によれば、新取引所の運営は子会社RiotX Holdingsが行うという。

同社は2017年10月にBioptixからRiot Blockchainに社名変更。それまで20年間従事していたバイオテクノロジーから業務を仮想通貨のマイニングに切り換えた。その後仮想通貨の取引会社を買収し、2018年3月には仮想通貨取引所の設立を計画し、仮想通貨業界参入を行なっている。

ブロックチェーンビジネスモデルへの突然の移行発表直後、株式は8ドルから40ドルにまで一気に上昇、ブロックチェーンの名前を利用して株価を釣り上げたとして、2018年の4月、SECから召喚状が送られていた経緯もある。

不正な仮想通貨取引を阻止するためのシステムを準備

2018年から2019年にかけて、取締役会の顔ぶれも何回も変わっている。SEC 申請書によると現在のCEOはJeff McGonegal氏。同氏は2003年にCFO として参加、当時会社の名前はAspenBio Pharmであり、虫垂炎検査法を開発し、獣医生殖科学に取り組んでいた。Riot Blockchainになる前には2012年にVenaxisに、2016年にBioptixへと社名を変更した。

ユーザーは、米国内の認定銀行機関に紐付いた口座を作成することにより、法定通貨もしくは暗号資産の保有と譲渡ができるようになる。このAPIはユーザーの場所と身元を追跡し、RiotX取引所での不正行為や不適切な使用を防ぐ。例えば、仮想通貨取引所が認められていない州で利用しようとするユーザに、制限地域であることを指摘する。

『SynapseFi』のアプリによりユーザーがどこからRiotXにアクセスしようとしているかを認識することができる。ユーザーが仮想通貨の取引が許可されている州へ、許可されていない州から移動して利用するといった行為も禁止できるとしている。

今後の取引サービスに関して、RiotX社は取引ソフトウェア開発企業Shift Marketsと提携する予定で、これに先立ちSEC調査中の2018年、カナダの取引所Coinsquareとの契約を終了させた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B