仮想通貨プラットフォームで40以上の脆弱性|ホワイトハッカー調査

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨プラットフォームで40以上の脆弱性|ホワイトハッカー調査
 

仮想通貨プラットフォームで40以上の脆弱性|ホワイトハッカー調査

複数のブロックチェーンおよび仮想通貨プラットフォームで脆弱性が指摘される
ホワイトハッカーの指摘で、複数のブロックチェーン・仮想通貨プラットフォームが、1ヶ月で40以上の脆弱性が判明した。ただし、その脆弱性については、報酬額からすると重大性は低いものと見られている。

複数のブロックチェーンおよび仮想通貨プラットフォームで脆弱性が指摘

複数のブロックチェーンおよび仮想通貨プラットフォームが、2月13日から3月13日の1か月の間に、セキュリティ研究家によって40以上の脆弱性の指摘を受けていたことがHard Forkの調査によって明らかになった。

ホワイトハッカーと企業など組織を結びつけるセキュリティプラットフォーム「HackerOne」を通じて、仮想通貨やブロックチェーン技術を扱う13の組織合計43のバグが報告されたという。

また、複数の脆弱性を指摘された組織としては、「Unikrn」という賭場プラットフォームが最多となる12の指摘を受けており、それに次いで「OmiseGo」が6の指摘を受けている。

そのほか、EOSが5、Tendermintは4、TezosとAugurでは3、MyEtherWallet、ICON、Moneroはそれぞれ2のバグレポートを受け取っている。

それら脆弱性の重大性は

例えば、今回で最も高い報酬はTendermintが支払った8500ドル(約93万円)となっている。次いでEOSを開発するBlock.oneの5500ドル(約60万円)だ。

また、最も多い指摘を受けたunikrnについては、1375ドル(約15万円)となっており、これはその指摘数からするとかなり低い額である。

Hard Forkは、それらホワイトハッカーに支払われた報酬から、今回重大なセキュリティ問題があった可能性は低いと示唆した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B