[cryptopack id="115"]

米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘【フィスコ・アルトコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘【フィスコ・アルトコインニュース】

 

米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘【フィスコ・アルトコインニュース】


2019/03/18 14:33

米SECに所属する仮想通貨専門部門の最高責任者は、大型カンファレンスに登壇し、仮想通貨ステーブルコインの法的ステータスについて、あるタイプのステーブルコインは「証券法に抵触する可能性がある」と言及した。

米SECに属する仮想通貨専門部門の最高責任者であるValerie Szczepanik氏は先週、米テキサス州にて開催された大型カンファレンス「SXSW」に登壇した際、仮想通貨ステーブルコインの法的ステータスについて、あるタイプのステーブルコインが「証券法に抵触する可能性がある」と言及した。

Szczepanik氏はまずステーブルコインを以下のように3種類に分類する。
1. 不動産やゴールドのような資産に紐付けされるもの
2. 法定通貨にペッグするもの
3. アルゴリズムによって価格が固定されるもの

Szczepanik氏が懸念するものは、その3番目のステーブルコインにあたり、以下のように言及した。

「これまで、他のデジタル・アセットの発行・償還や、流通量などで価格が一定の幅に固定されるステーブルコインを見てきた。」
「このようなステーブルコインを買った投資家が、他の誰かが利益や、価格の変動幅を保証することを期待することによって、証券法に抵触する可能性はある。」

米国における有価証券であるかどうかを定める検証、いわゆる「Howey Test」では、「第三者の行いによる利益の生み出し」の有無によって、証券法にかかる投資契約のステータスが決められる。要するに、Szczepanik氏が指摘しているステーブルコインは「投資契約」になる可能性があると考えられる。

なお、Szczepanik氏は、仮想通貨の「分類」に関するSECの立場を明示した。

「仮想通貨の分類は様々で、ユーティリティトークンやステーブルコイン、消費コインなどあるが、SECとしてはその性質、経済的現実を見ている。」
「どのようなトランザクションが発生するかを審査し、法的分類を行う。」

仮想通貨界隈でも信頼される米弁護士Jake Chernisky氏は先日、SECかCFTCはいずれ、Szczepanik氏が言うようなステーブルコインのみならず、法定通貨のステーブルコインも管轄に置く可能性があると指摘した。実際、今後SECがどのようにステーブルコインを規制するか注目されるだろう。

Szczepanik氏、規制にも言及
「SXSW」に参加したSzczepanik氏は、ステーブルコインの話題だけでなく、仮想通貨業界の規制に関しても、その意向を示した。

イノベーションを推進するため、仮想通貨市場の発展には柔軟な規制を必要としながらも、企業とSECの協力関係を築く重要性を強調している。

なお、現在包括的な規制こそないものの、熟慮した上での柔軟な規制判断は、いずれ業界における「黄金基準」が生み出されるとしている。

(記事提供:コインポスト)

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/1492

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。