米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘
 

米SEC仮想通貨部門トップ「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」と指摘

SECの仮想通貨トップ、ステープルコインに言及
米SECに所属する仮想通貨専門部門の最高責任者は、大型カンファレンスに登壇し、仮想通貨ステーブルコインの法的ステータスについて、あるタイプのステーブルコインは「証券法に抵触する可能性がある」と言及した。

SECの仮想通貨トップ、ステープルコインに言及

米SECに属する仮想通貨専門部門の最高責任者であるValerie Szczepanik氏は先週、米テキサス州にて開催された大型カンファレンス「SXSW」に登壇した際、仮想通貨ステーブルコインの法的ステータスについて、あるタイプのステーブルコインが「証券法に抵触する可能性がある」と言及した。

Szczepanik氏はまずステーブルコインを以下のように3種類に分類する。

Szczepanik氏が懸念するものは、その3番目のステーブルコインにあたり、以下のように言及した。

Szczepanik氏、規制にも言及

なお、Szczepanik氏は、仮想通貨の「分類」に関するSECの立場を明示した。

仮想通貨の分類は様々で、ユーティリティトークンやステーブルコイン、消費コインなどあるが、SECとしてはその性質、経済的現実を見ている。

どのようなトランザクションが発生するかを審査し、法的分類を行う。

仮想通貨界隈でも信頼される米弁護士Jake Chernisky氏は先日、SECかCFTCはいずれ、Szczepanik氏が言うようなステーブルコインのみならず、法定通貨のステーブルコインも管轄に置く可能性があると指摘した

「SXSW」に参加したSzczepanik氏は、ステーブルコインの話題だけでなく、仮想通貨業界の規制に関しても、その意向を示した。

イノベーションを推進するため、仮想通貨市場の発展には柔軟な規制を必要としながらも、企業とSECの協力関係を築く重要性を強調している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B