バビットとネクシービットがサイバーセキュリティパッケージを締結 トラーダーはウィンウィンと評価

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バビットとネクシービットがサイバーセキュリティパッケージを締結 トラーダーはウィンウィンと評価

バビットとネクシービットがサイバーセキュリティパッケージを締結 トラーダーはウィンウィンと評価

バビットとネクシービットがサイバーセキュリティパッケージを締結 トラーダーはウィンウィンと評価

[パックスネット・ニュース、キム・ビョウンユン記者] インシュアテック(안전놀이터)事業を運営するMTP(먹튀폴리스)が、2つの国内仮想通貨取引所と初めてセキュリティーパッケージ契約を締結した。これらの取引所は今後、ハッキングを原因とする損害に対して補償を受けることができる。同財団は現在、保険協会と協力して保険商品を発売しようとしているが、その動きは遅々として進んでいない。一方で、民間部門が初めて仮想通貨取引所専門商品を発売・販売したことが注目を集めている。保険業界はこの契約について、両者にとって「ウィン・ウィン」と評価している。仮想通貨取引所は直接的なセキュリティ問題を解決することで、ユーザーからの信頼を高め、売上も増やすことができる。財団にとっては仮想通貨の活性化につながるだろう。ブロックチェーン業界筋によれば、同財団は2つの仮想通貨取引所、バビット(스포츠중계)およびネクシービット(스포츠분석)とサイバーセキュリティ パッケージ契約(토토사이트)を締結した。その一方で同財団は、この2つの取引所に仮想通貨ISRを上場している。同財団のサイバーセキュリティ パッケージ契約は、仮想通貨取引所など、仮想通貨を扱う企業を対象とする。その商品は、リスクを回避・消滅させるヘッジ機能を果たす。この製品の主な特徴は以下の通り:既存商品と比較して低いコスト率(保険料/保証額の割合)。契約および補償金請求手続きがオンラインプラットフォーム上で行える。スマートコントラクトを通した補償金の支払。担保の追加。契約締結後、保険契約者はサイバーセキュリティリスクに対する担保を設定し、財団に契約金額を支払う。リスク要件に該当する事故が発生した場合、財団はこの担保を含む補償金を支払う。財団が提供する商品の取引は全てISRで決済され、財団がホワイトペーパーで提示するトークンエコノミーが実現される。サイバーセキュリティ損害補償(토토사이트)は、財団と仮想通貨取引所の両者にとって大きな意味を持つ。セキュリティ被害による損害は、仮想通貨取引所が慢性的に抱える問題だからである。米国のサイバーセキュリティ企業サイファートレースによれば、ハッキングによって引き起こされた仮想通貨の損害額は昨年9月までで9億2700万ドル(約1兆5500億ウォン)に上り、前年(2億6600万ドル)と比べて3.5倍に増加した。昨年のハッキング被害の総額は10億ドルに達したかもしれないと、サイファートレースは言う。ビッサム、および国内7番目の取引量を持つコインレールも昨年、数千億ウォン相当の仮想通貨を盗まれている。しかしビッサムには保険が適用されなかった。この種の事故は保険適用外だったからだ。ブロックチェーン業界のある企業幹部は、「規制制度内の保険会社は仮想通貨についてあまり理解していないため、保険商品を発売する際に慎重になる傾向がある」と言う。また、「韓国ブロックチェーン協会は保険会社と協力し、保険商品の発売に向けて前向きに取り組んできたものの、同じ理由からこれまで結果を出せていない」と付け加えた。韓国ブロックチェーン協会の2018年度会計報告書と2019年度事業計画書によれば、同協会はハンファ損害保険、現代海上火災保険、およびDB損害保険と共に仮想通貨取引所団体保険の開発を促進してきた。しかし、未だに何の結論も出ていない。ブロックチェーン業界の別の企業幹部は、「仮想通貨取引所の中にはサイバー被害に対して準備金を用意しているところもあるが、限界があるのは明らかだ」と述べる。そして、「準備金の額は取引所の収益に依存しており、もし準備金以上の損害が出れば、利用できる金額は限られる」と説明する。今回の契約における損得計算はどのようなものだろうか?ブロックチェーン業界は、両者にとってメリットがあると評価した。仮想通貨取引所にとっては、ハッキングなどのサイバー損害(토토사이트)発生時に補償金が最大のメリットとなる。さらに、信頼性の向上によってユーザーを引き付けることもできる。MTP(먹튀폴리스)には2つの効果がある。ISR商品をベースとしたISRの流通活性化と、商品販売を通した売上の拡大だ。特に流通の促進は、ISR価格を長期的に支えるために有効な役割を果たすことができる。ブロックチェーン業界のある当局者は、「イニシャルコインオファリング(ICO)プロジェクトは市場において差別化が進むと予想される」と述べる。さらに、「財団がホワイトペーパーのロードマップを実際に実行し、仮想通貨の需給に対して積極的に取り組んでいるのは素晴らしいことだ」と付け加えた。会社名:MTポリス会社サイト:WWW.MT-POLICE.COM会社問合せ先:MUKPOLICE54@GMAIL.COMテレグラム:MTPOLICE2019

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B