元IBM会長 「パブリックブロックチェーンは欧州データ保護法に対応できていない」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

元IBM会長 「パブリックブロックチェーンは欧州データ保護法に対応できていない」

元IBM会長 「パブリックブロックチェーンは欧州データ保護法に対応できていない」

元IBM会長 「パブリックブロックチェーンは欧州データ保護法に対応できていない」

IBM会長サム・パルミサーノ氏は、パブリックブロックチェーンは欧州データ保護法に適合していないという見解をブルームバーグとのインタビューで述べた。
 
インタンビューは、米法律事務所クラバススウェイン・アンド・ムーアのデビット・カッポス氏と共同で行われ、3月4日に放映された。パルミサーノ氏は現在、米国の非営利組織ザ・センター・フォー・グローバルエンタープライズの会長を務める。
 
両氏はインタビューで、ブロックチェーン革命と2018年5月に発効した欧州連合(EU)規模の一般データ保護規則(GDPR)との相互関係に焦点をあてた。
 
カッポス氏は最近、多国籍法律事務所スローター•アンド•メイとデジタルサプライチェーンインスティチュートと共同で、GDPRに対応するブロックチェーン原理に関する研究論文を共同作成している。
 
変更不可能でデータ削除ができないブロックチェーンネットワークが、「忘れられる権利」やその他広範囲に及ぶ条件と折り合うのかが議論された。
 
パルミサーノ氏は、適切な管理下にあるプライベート許可型ブロックチェーンなら、多少のてこ入れが必要であったとしても、GDPRと共存できるとしているものの、パブリックネットワークに関して今のところ対応できていないとし、次のように述べている。

「パブリックブッロクチェーンの場合、情報の性質上さらに複雑であり、いかに共有するのか..それに取り組む研究は知っているが...解決法が見つかったというのは知らない」

パルミサーノ氏がデータ保護への取り組みに向けたグローバルポリシーの重要性を指摘する一方、カッポス氏は、欧州が現在デジタル保護の法規制においては先行しており、米国には「EUのGDPRに匹敵するものは何もない」と述べた。
 
カッポス氏は、GDPRを軽視するとは重いとも強調。こういった枠組みは、ブロックチェーン技術ユーザーが法令遵守する著しい手助けになりえるとも述べた。

「企業らのネットワークがジョイントベンチャーを創設し、何をブロックチェーンに置くのか置かないのか、また人々が忘れられたいときに忘れられる、といったデータ管理の方法を説明させることができる」

2018年11月、ロンドンのクイーンメアリー大学とケンブリッジ大学がGDPRとプライベートブロックチェーンの共存について似たような視点の研究を実施している

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Ex-IBM Chair: No Solution Yet Found to Bring Public Blockchains Under EU Privacy Laws

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B