多すぎるビットコインの電力消費量 再生可能エネルギーで持続性維持できない=PwC研究

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

多すぎるビットコインの電力消費量 再生可能エネルギーで持続性維持できない=PwC研究

多すぎるビットコインの電力消費量 再生可能エネルギーで持続性維持できない=PwC研究

多すぎるビットコインの電力消費量 再生可能エネルギーで持続性維持できない=PwC研究

世界4大会計事務所PwCのブロックチェーン専門家アレックス・デヴリエス氏は、再生可能エネルギーはビットコインの持続可能性を解決することはできないという研究結果を発表した。3月14日付けの持続可能エネルギー専門誌Cellに掲載された。

デヴリエス氏のウェブサイトでの研究結果の引用によると、2018年を通じてビットコインが消費した電力は40~62.3 TWh(テラワット・アワー)と推定されている。これはハンガリー(40.3TWh)やスイス(62.1TWh)のエネルギー消費量と同等だという。

デヴリエス氏は、2014年に発表された研究を引用し、金融セクター全体のエネルギー消費量は年間650TW/hに上ると推定しているが、これにはデータセンター、銀行の支店、ATMが含まれていると指摘する。一方、ビットコインのエネルギー消費量の推定値はマイニングのみを考慮したものであり、 ATMや取引所、ウォレットプロバイダー、ペイメントサービスプロバイダなどを考慮していない。

デヴリエス氏はまた、ビットコイン取引のCO2排出量が、従来の非現金取引のそれを上回るとも述べている。ビットコイン取引が1回あたり491.4 ~765.4 kWh (キロワットアワー)を消費するのに対し、従来の非現金取引は0.4 kWhで済むという。これによりビットコインの年間CO2排出量は1900万〜2960万トンに上るとしている。

こういったことから、研究では、莫大なエネルギーコストやマイニング用ハードウェアの迅速な交換といった外部要因を含め、再生可能エネルギーはビットコインのエネルギー問題に対処するには不十分である、と結論付けている。

デヴリエス氏は、プルーフオブワーク(PoW)に代わるプルーフオブステーク(PoS)といったものが、「極端なエネルギー消費と特殊かつ用途が限定されたハードウェア開発への動機」を防ぐことができると示唆している。

昨年12月には、イーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏は、プルーフオブステーク(PoS)を基にしたシャーディングを活用し、今後ブロックチェーンを「何千倍も効率化」させると宣言している。

また昨年5月には、経済学者のアレックス・デ・フリース氏は、インデペンデント紙に対し、18年末までにビットコイン(BTC)マイニングが世界のエネルギーの0.5%を消費することになると述べていた。

翻訳者 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

翻訳 コインテレグラフ日本版
原文 Expert: Renewable Energy Not Enough for Bitcoin’s Sustainability Problem

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B