米CFTCの”クリプトパパ”が最後のスピーチ ブロックチェーンと仮想通貨の重要性を訴える

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CFTCの"クリプトパパ"が最後のスピーチ ブロックチェーンと仮想通貨の重要性を訴える

米CFTCの”クリプトパパ”が最後のスピーチ ブロックチェーンと仮想通貨の重要性を訴える

米CFTCの"クリプトパパ"が最後のスピーチ ブロックチェーンと仮想通貨の重要性を訴える

米商品先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルロ委員長は、ブロックチェーン技術や仮想通貨は今日の市場を形成する2つの重要現象とし、急激な技術変化や市場進化には、「LabCFTC(CFTCラボ)」が問題解決の基軸になるとの見解を示した。

ジャンカルロ氏は3月14日、第44回国際先物産業会議に合わせ、デジタル市場の過去、現在、未来のテーマで述べた。ジャンカルロ氏は4月に任期満了で、CFTC委員長としての最後のスピーチとなる。後任にはヒース・ターバート氏が指名されている。

スピーチの中でジャンカルロ氏は、ビジネスモデルなどの仲介機能の排除は、現存の規制モデルの課題における重要要素である一方、ブロックチェーン技術や仮想通貨は今日の市場を形成する2つの重要現象だとした。

ジャンカルロ氏はまた、規制機関が直面するこの急激な技術変化がもたらす課題について、そのアプローチとして基軸となる「LabCFTC」を2年前に立ち上げたと述べた。これまで様々な規模の技術革新企業と交流し、国内外で活動しているとし、その中で、ロンドン、シンガポール、オーストラリアとのグローバル規模でのフィンテックに関する協定などを例にあげた。

ジャンカルロ氏はまた、ビットコイン(BTC)先物の承認についても、CFTCは市場ベースでの解決策を受け入れるとし、「分散型ブロックチェーン技術やネットワークを含め、異なるデータ間でも独立した市場データ分析を実施できるような定量的規制機関」になるよう努めているとした。

先日の報道にもあったように、LabCFTCは2017年10月に仮想通貨に関する入門書を、2018年11月にはスマートコントラクト入門書を公開している。

ジャンカルロ氏は、仮想通貨擁護派の規制担当者として知られており、SECのへスター・ピアース委員が「クリプトパパ」と呼ばれているのに対して、一部では「クリプトパパ」と呼ばれている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 US CFTC Chair: Blockchain and Crypto Are Two Key Phenomena Transforming Today’s Markets

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B