米SECが審査中の「ビットコインETF」に関するパブリックコメントが激減|過去の経緯から見る今後の展望

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SECが審査中の「ビットコインETF」に関するパブリックコメントが激減|過去の経緯から見る今後の展望
 

米SECが審査中の「ビットコインETF」に関するパブリックコメントが激減|過去の経緯から見る今後の展望

米SEC、受け取ったビットコインETFへのフィードバック
ビットコインETFが材料視され、BTC価格に大きな影響を及ぼした昨年9月に寄せられた1400以上のコメント数と比較すると激減。4月上旬の可否判断は、市場からは延期すると見られている。

SECが審査中のビットコインETFに対するコメント、ネガティブの意見が多数

米SECは、今年2月20日より募集していたVanEck版ビットコインETFに関する意見・フィードバッグとして、一般から7件コメントを受け取った。

7件中6件が、否定的な見解だったという。

意見の中で、ビットコインのボラティリティや価格操作の可能性などが指摘されている。

SECの長官を務めるJay Clayton氏は先日、再びビットコインETFの承認条件に関して言及し、「価格操作の懸念」と「カストディの確保」を審査の中心として見ていると明言。

過去の経緯から見る今後の展望

昨年に申請されたVanEck版ETFに関しては、2度の延期を経て、1月に米政府の一時的閉鎖を受け最終的に申請が却下された。

なお、米証券取引委員会は審査の時間が足りないと判断した場合、最大240日間まで期限の延期を行うことが出来る。よって、最大延期が採用された場合、実判断は2019年10月18日までになる。

これまで、SEC側が明らかにしている審査判断にかかる要素として、このようにリストアップする。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B