中国初、ブロックチェーンを利用した「地下鉄の電子請求書」を発行

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国初、ブロックチェーンを利用した「地下鉄の電子請求書」を発行
 

中国初、ブロックチェーンを利用した「地下鉄の電子請求書」を発行

中国初ブロックチェーン利用の電子請求書を発行
中国ローカルの経済新聞社は、深セン市税務局とテンセント社が協業し、中国初となるブロックチェーンを利用した「地下鉄電子請求書」を発行したことを報じた。

中国初ブロックチェーン利用の「地下鉄」電子請求書を発行

中国ローカルの経済新聞社「Securities Daily」の報道により、深セン市税務局とテンセント社が協力し、広東省深セン地下鉄フーティエン(福田)駅にて、中国では初となるブロックチェーンを利用した地下鉄電子請求書が18日に発行されたことが明らかとなった。

乗車後に、乗車客は「深センメトロ乗車コード」をWeChat(中国の国民的メッセンジャーアプリ)の決済ページ上で確認ができるという。

また3月15日の時点で、同システムを利用する企業が千企業に登り、すでに100万件に及ぶ様々な請求書を発行しているようだ。その金額が200億円にも達した。

なお、大手銀行の建設銀行や、不動産最大手の「Vankeグループ」もその利用に積極的な態度を示している。

進む中国でのブロックチェーン実利用

今回の事例のみならず、中国におけるブロックチェーンの開発と実利用は着実に進んでいる。

さらに、中国銀行(香港版)が、同プラットフォームを利用することも決定している。

現在、住宅購入をする際は、書類作業や仮売買契約、住宅ローン申請など様々な過程を経る必要があるが、「PropTech」の開発者は、このプラットフォームを利用することで、それら住宅購入の手続きに要する時間が8時間ほど削減されるだろうと語っている。

このように、ブロックチェーンを利用するケースが、中国国内において、かなり散見されるようになっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B