仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に拡大|Mercury FX社がxRapid導入事例に言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に拡大|Mercury FX社がxRapid導入事例に言及
 

仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に拡大|Mercury FX社がxRapid導入事例に言及

Mercury FX社、送金規模拡大
英外貨送金企業Mercury FX社は、現在ロンドン支社で10億ドル(約1000億円)、世界で18億ドルの規模の送金を処理していることを明かした。その中でも、メキシコ及びフィリピンへの事業拡大に注力、仮想通貨XRPを利用したxRapidの送金が毎週実施。すでに週数百万円規模に拡大していることを明かした。

英Mercury FX社、世界で18億ドルの送金規模に:メキシコやフィリピンへも事業拡大

リップル社最先端の送金ソリューションであるxRapidを利用する英外貨送金企業Mercury FX社は、現在ロンドン支社で10億ドル、世界で18億ドルの規模の送金を処理している。CEOのAlastair Constance氏が、海外仮想通貨メディアのDecryptによるインタビュー内で明らかにした。

Mercury FX社は、ロンドンを拠点とし、南アフリカと香港にオフィスを持つ。また、新しく顧客にメキシコとフィリピンへの送金経路を提供開始したばかりである。

メキシコは世界的に見ても最大規模の決済額を誇る市場だが、xRapidを導入する前のMercury FX社はあまり事業を拡大して来なかった国である。

発展途上国への事業拡大の壁

1つは、該当国の資本規制である。送金に対する税金を含め、送金に適用される規制が複数ある。Mercury FX社は、各国の規制を十分に理解し、規則の範囲内に留まるようにしなければならないということだ。

つまり、Mercury FX社はリップルが推奨する取引所に限定してサービスを提供する選択をするしかない。メキシコへのxRapid支払いを拡大させるのは、聞こえほど単純なことでは全く無いのだ。

Alastair Constance氏は、既に導入されているメキシコとフィリピンへのxRapidを介した送金は、現在定期的に行われていると述べた。リップルとの秘密保持契約のため、具体的な数字の言及を拒んだものの、実に、毎週約数百万円の規模で実行されているそうだ。そして、リップルと協力して更にマーケティング活動を積極的に行い、将来的には何百万、何千万、何億円の送金規模にしたいと、同インタビューでその熱意を語った。

メキシコは現在、最も遅くて最もコストの高い送金先の国である。Mercury FX社を含む各企業がリップル社のxRapid及びXPRを導入して、市場拡大を実現できれば、メキシコのコミュニティが、最先端の送金サービスを手に入れることが出来る日は、そう遠く無いのかも知れない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B