ビットコイン先物提供予定の仮想通貨企業Bakktの企業価値が早くも800億円以上に|CFTCはイノベーション賛成派

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン先物提供予定の仮想通貨企業Bakktの企業価値が早くも800億円以上に|CFTCはイノベーション賛成派
 

ビットコイン先物提供予定の仮想通貨企業Bakktの企業価値が早くも800億円以上に|CFTCはイノベーション賛成派

機関投資家向け企業Bakkt、企業価値は「800億円」と関係者語る
Bakktの企業査定結果は、米ウォール街の機関投資家などから仮想通貨に対する関心の高さも垣間見える。CFTCコミッショナーは「申請に全力で取り組んでいる」と述べたが、日程については言及を控えた。

仮想通貨市場注目のBakkt、停滞続く最新状況

仮想通貨市場の重要なファンダとして期待される「Bakkt」の企業査定(Post-money Evaluation)が、7.4億ドル(約820億)であることが海外メディア「The Block」で報道された。

機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームBakktのローンチは、昨年8月当初の発表から仮想通貨市場で大きな反響を呼んでいたが、開始予定日の延期が相次ぎ、現在も目処は立っていない。

CFTCは、昨年末に認定の時期を1月24日前後と発表していたが、直後に米国第45代目のトランプ大統領が「政府閉鎖」を発令したことから、認可の見通しが不透明な状況となって現在に至る。

そんな中、Bakktに関する2つの注目ニュースが、関係者の話で明らかとなった。

Bakktの企業査定、総額820億円以上か

米CFTCコミッショナー、Bakktの申請状況について言及

世界最大級のニューヨーク証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル取引所)が設立した仮想通貨企業Bakktは昨年12月、シリーズAの資金調達ラウンドを完了し、1億8250万ドル(約202億円)の出資を集めることに成功している。

スタートアップ情報サイトCrunchbaseによると、BakktのシリーズA資金調達ラウンドには香港で随一の企業家である李 嘉誠氏や、Galaxy Digital社、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)などを含む13の企業が参加していた。

肝心のプロダクトやサービスが非公開の時点で、すでに800億円以上の企業価値が見込まれていることは、米ウォール街の機関投資家などから仮想通貨に対する関心の高さも垣間見える。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B