ブレグジットでEU側が「4月12日」に最終通告、ビットコインなど仮想通貨市場への影響は?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブレグジットでEU側が「4月12日」に最終通告、ビットコインなど仮想通貨市場への影響は?
 

ブレグジットでEU側が「4月12日」に最終通告、ビットコインなど仮想通貨市場への影響は?

ブレグジット(英EU離脱)問題が及ぼす影響
世界経済の先行き不透明感を強める英EU離脱問題について、離脱交渉期間の延長に合意した。今後の動向が、英ポンドやビ仮想通貨市場への波及を含め、金融市場にどのような影響を及ぼすか、投資家の関心の的となっている。

ブレグジット(英EU離脱)問題が及ぼす影響

世界的な政情不安を招いている、英国の「EU離脱問題(ブレグジット)」について、欧州連合加盟国の首脳は21日、離脱交渉期間を3月29日以降に延長することで合意した。

離脱協定が来週中に英議会で承認・可決されなかった場合の離脱日は4月12日となるとされ、EU側が、4月12日までに「合意なき離脱」か「離脱の長期延期」かのどちらかを選ぶよう最終通告した格好だ。

英議会で問題となってるのが、「バックストップ(安全策)条項」と呼ばれるものだ。

EUの関税同盟からの離脱を求める英国だが、離脱後に欧州連合との間で貿易に関する明確な合意が得られるまで、一時的にEUの貿易(関税)の枠組み内に留めておくというものになる。

国際金融市場への影響

仮想通貨市場への影響

英下院は今年1月、テリーザ・メイ首相がEUと取りまとめた離脱協定を否決しており、今月20日、欧州連合(EU)に離脱期限の6月30日への延期を要請していた経緯がある。

英ポンド(GBP)は、ボラティリティが高い法定通貨で、急騰・急落が発生しやすいことで知られている。

このような政情不安をきっかけとした混乱は、世界の金融市場にも動揺を与えることはままある。

昨年11月15日、イギリス経済の先行きへの懸念から、英ポンドは米ドルに対し1.30%下落し、2016年10月以来最大の1日の下落幅を記録した。対ユーロでは、ポンドは2%減の1.13ユーロに達した。

急落の様子は、下図になる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B