仮想通貨市場は今後どうなる?ビットコイン復調に向け新たな変化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨市場は今後どうなる?ビットコイン復調に向け新たな変化
 

仮想通貨市場は今後どうなる?ビットコイン復調に向け新たな変化

仮想通貨市場は今後どうなる?
ビットコインをはじめ、未だ方向性が見えてこない仮想通貨市場。昨年末からの下落要因を見ていくと、2019年に入り状況が緩和しつつあることがわかった。ファンダ要因に加え、ドミナンスやハッシュレートの推移からも考察する。

仮想通貨市場は今後どうなる?

ビットコイン市場は、3月に入ってから小幅な推移が続き、依然レンジ相場の様相を呈している。トレンドがはっきりしない相場にある。

一方で、ICOの懸念点を補う形で盛り上がりつつある取引所主体のトークンセールIEOの影響で、BNBをはじめとする取引所系トークンや、半減期を控えたライトコインの好調さが目立つアルト主導の価格推移もみられ始めているのは事実である。

これまで下落トレンドが顕著にあったために、個別アルトの値動きにもトレンドの相関性が顕著であったため、このような動きは下落トレンドが一服している事を見る一つの指標になり得る。アダプションや個別の買い材料に市場が反応し、時価総額が低い事でよりリスク資産性の高いアルトコインにも目が行き始めていることを示すデータだ。

総括

CoinMarketCapのデータでは、ビットコインを含む出来高が、24時間取引量で361億USDを記録、これは2018年5月以来の高水準であり、仮想通貨市場が暴落した2018年1月20日から2月15日までの水準に当たる。また昨年末の12月低水準域と比較すると3.1倍高に、現ビットコイン価格44万円と同じ水準にあった2017年9月からは12倍高に相当する高水準に回復している。

その中でも、2月20日からは、アルトコインの出来高推移に顕著な変化が確認されている。

これらの動きから、現相場の状況と、今後の相場に関する注目点を確認する。

データが示す現相場の状況

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B