リップル社に対する集団訴訟、今後の流れや日程感が判明|仮想通貨XRPの証券問題巡り

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社に対する集団訴訟、今後の流れや日程感が判明|仮想通貨XRPの証券問題巡り
 

リップル社に対する集団訴訟、今後の流れや日程感が判明|仮想通貨XRPの証券問題巡り

リップル社、今後の集団訴訟の流れが公開される
北カリフォルニア区米国地方裁判所のHamilton裁判官は先日、リップル社に対する仮想通貨XRPの有価証券問題の集団訴訟に関して、これからの大まかな流れを開示した。

対リップル社の「仮想通貨XRPの証券問題」に関する集団訴訟に進展|訴訟期間の予定が決定

北カリフォルニア区の米国地方裁判所のHamilton裁判官は米国時間18日、リップル社に対する仮想通貨XRPの有価証券問題の集団訴訟に関して、これからの大まかな流れを、裁判所の声明文にて開示した。

同裁判所は、先月21日に予定されていた「スケジューリング日程会議(Case Management Conference)」の予定を取り消した後、連邦裁判所は原告側の州裁判所への差し戻しの申立てを棄却したので、今回の訴訟は連邦裁判所に留まることになる。

また、声明文には訴訟がどのように進行していくのか、その大まかな予定が記されている。

リップル社を待ち受ける3つの戦い

裁判所の予定の開示を受け、仮想通貨の精通者であり、またこの事件を最初から追っている米国弁護士Jake Chervinsky氏は、リップル社がこれから直面する3つの戦いを説明した。

この公示はすべての潜在的な原告側メンバー、つまりすべての仮想通貨XRP購入者に、原告代表としての任命を求めることができることを伝えるためである。

同氏は、「原告代表者は、どの法律事務所が主任弁護士となるべきか、和解を受け入れるべきかなど、原告側にとって極めて重要な決断を下す責任がある。最初の原告人が代表になる可能性もあるが、必ずしもそうではない。」と説明している。

リップル社が真っ向から戦うことになる相手は、まだ決まっていないとのことだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B