仮想通貨やブロックチェーンは金融業界をどのように変えるのか? 英格付け企業が将来性を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨やブロックチェーンは金融業界をどのように変えるのか? 英格付け企業が将来性を語る
 

仮想通貨やブロックチェーンは金融業界をどのように変えるのか? 英格付け企業が将来性を語る

Weiss Ratings評価員が仮想通貨の未来を語る
Weiss Ratings仮想通貨格付け(Weiss Cryptocurrency Ratings)に勤める、計量経済学者であり数学者のJuan M. Villaverde氏は、「分散型台帳技術は、金融業界やトレードの方法を大きく変えるようなポテンシャルを秘めている」などと、それら技術の将来性を語った。

Weiss Ratings評価員が仮想通貨の未来を語る

(既存のアセットのような、仮想通貨のシームレスな取引を)実現させるためには、基本的なプロトコルや技術が発展する必要性がある。

Weiss Ratings仮想通貨格付け(Weiss Cryptocurrency Ratings)に勤める、計量経済学者であり数学者のJuan M. Villaverde氏は、仮想通貨メディアCryptoGlobeの取材に応じ、仮想通貨市場の将来などについて言及した。

そうした状況が生まれるまでには、まだ最低でも5年はかかるだろう。ただ、ビットコインのライトニング・ネットワークのような、ただセカンドレイヤーのプロトコルも鍵となっている。分散型台帳技術は、金融業界やトレードの方法を大きく変えるようなポテンシャルを秘めているが、まだその初期段階だ。

同氏は、現在の仮想通貨市場に対して、「混沌としており、主要な仮想通貨取引所の大半は、機関投資家が参入するために必要とされる透明性が確保されていない」と指摘、一方で将来的には、仮想通貨市場の成熟とともに、いずれ機関投資家が参入する条件が整うだろうとする見解を明らかにした。

分散型台帳技術は現在のところ、既存の技術に比べると、スピードも遅く、効率も悪い。これは黎明期のインターネットにも言えることで、その技術が未熟だったころは、ろくに電話をすることもできなかったが、技術の進歩とともに、最終的には既存の電話技術にとって代わり、インターネットが音声によるコミュニケーションのプラットフォームとなった。

Villaverde氏は、「将来、仮想通貨が、法定通貨をベースとした既存の資産と同じように取引が行われるようになると思うか。」との問いに対して、以下のように答えている。

分散型台帳技術に関して

ブロックチェーンのユースケースとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B