なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か
 

なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か

バイナンスの仮想通貨BNB、高騰続く
仮想通貨取引所バイナンスが提供するBNBの高騰が続いている。今回高騰した最新事例だけでなく、過去の流れからビットコイン建最高値更新までを解説。今後の展開を見る上での事例を紹介。

バイナンスの仮想通貨BNB、高騰続く

バイナンスが提供する仮想通貨BNBの価格がまた上昇した。

12月15日の4.52ドルを境に、仮想通貨市場の地合いの悪さに反して上昇した価格は、本日3月25日には17.37ドルと3ヶ月強で3.84倍まで高騰した。

CoinMarketCapのチャートでも見られるように、停滞する仮想通貨市場を理由に、フィアット建の価格以上にビットコイン建の価格が大きく上昇、過去最高値を更新している。BTC建の価格推移から単独上げの強さが見て取れる。(チャート内:黄色)

バイナンスは仮想通貨市場の地合いの悪化とともに、ユーザー離れが加速する中でも、ユーザーフレンドリーかつセキュアな透明性のある運営を続けてきたことで、仮想通貨投資家の指示を獲得。それらのユーザー層の厚さから得る安定的な資金力で、勢力を拡大し続けてきた取引所だ。

BNBのアダプションに力を入れてきたバイナンス

ローンチパッド変更詳細

日本の金融庁から警告も受けたバイナンスには、顧客獲得システムにユーザーベースのアフィリエイトシステムを導入していたが、そのようなシステム以上に、乱立する仮想通貨取引所の顧客争奪争いを勝ち抜いてきたことには選ばれる理由があるわけだ。

BNB開始当初のアダプションとしては、取引所利用ユーザーの手数料割引を適応するなどの特典が設けられ、開始当初は50%の割引が適応されていた。この割引%は、時間が経過するごとに0に近づく仕組みが取られている。また、アフィリエイトシステムの還元率をBNB保有数で決める仕組みなどを取り、BNBの保有を促すシステムを提供し、通貨価格の上昇ファンダに力を入れてきた。

特にBNBのエコシステムに力を入れ始めたのは2018年の後半から今年にかけて1年間で、当初より導入していたBNB建の取引ペアを拡充し利便性を高めたほか、BNBのメインチェーンに当たるバイナンスチェーンを開発しローンチ、またそれらチェーン上で動くDEX(分散型取引所)の提供も予定している。

単純なアダプションだけではなく、トークン価格をあげる仕組みもとってきた。その一つに、定期的にBNBをバーンするイベント開催がある。これは、市場に流通する通貨の希少価値をあげる目的で、一部のトークンを消滅し供給量を減少させる仕組みを導入したものとなる。(秘密鍵のないアドレスへ送信)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B