仮想通貨採掘大手Bitmain、上場審査期限が目前に  審査難航の背景には

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨採掘大手Bitmain、上場審査期限が目前に  審査難航の背景には
 

仮想通貨採掘大手Bitmain、上場審査期限が目前に  審査難航の背景には

Bitmain、上場審査期限間近
「IT企業史上最大のIPO(Initial Public Offering)案件になる」と注目されていた仮想通貨マイニング最大手Bitmain社の上場審査が、承認を得られないまま期限切れを迎える可能性が高まっている。その背景とは?

Bitmain、上場審査期限間近

「IT企業史上最大のIPO(Initial Public Offering)案件になる」と注目されていた仮想通貨マイニング最大手Bitmain社の上場審査が、承認を得られないまま期限切れを迎える可能性が高まっている。

同社は2018年9月26日に香港証券取引所(HKEx)への上場申請を発表したものの、手続きは難航。同取引所のルールに従うと上場委員会から上場の最終承認を得るためには、まずは申請から半年以内にから承認を得る必要がある。非公開聴聞会による承認を得られない場合、審査は自動的に打ち切られ、上場を諦めるかあるいは再度申請を行うことになる。

同社は「HKExはBitmainの上場承認を躊躇していた」という2018年末のSCMPによる報道を否定していたものの、マイニング事業の採算が急激に悪化している事実が苦戦の背景にあることは間違いなさそうだ。

マイニング事業縮小の背景

中国の3大マイニング企業、香港上場暗礁に

Bitmain社はイスラエルの傘下開発センターの閉鎖に続き、テキサス州で計画していた大規模なマイニング工場の建設を保留。アムステルダムでの事業も縮小するなど、最大手ですら苦戦を強いられている現状が伺われる。

最新の動向では、中国の夏に向けて水力発電の電力費が安くなる事を受け、マイニングマシンの増大や再稼働を行う旨を報告しているが、ハッシュレートが高い水準で維持され強豪が未だ犇めく現状、根本的な解決には至っていないとの見方は強い。

Bitmain社のIPO計画が最初に明るみにでたのは、仮想通貨市場がまだ好調期にあった2018年6月。同社のCEOであるJihan Wu氏は「香港のような米ドル建て株式を持つ市場での海外IPO」を検討していることを、ブルームバーグの取材で明らかにした。

「2017年に25億ドル(約2750億円)の収益を計上した」というWu氏の証言をもとにブルームバーグが推定したところによると、Nvidia Corp.やMediaTek Inc.などの上場チップメーカーと同様の倍数を適用した場合、同社の評価額は約88億ドル(約9683億円)に達していた。また当時Wu氏は共同創設者のMicree Zhan氏とともに自社株のおよそ60%を保有していたというが、評価額に基づいて算出すると両者の持ち株は総額53億ドル(約5831億円)相当だったことになる。

投資アナリストが「BitmainのIPOは30億~180億ドル(約3300億~1兆 9804億円)規模になる」と期待を寄せたのも不思議ではない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B