CoinMarketCap、偽取引量を指摘したレポートに対応する新データを公開へ|仮想通貨市場の透明性向上が目的

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

CoinMarketCap、偽取引量を指摘したレポートに対応する新データを公開へ|仮想通貨市場の透明性向上が目的
 

CoinMarketCap、偽取引量を指摘したレポートに対応する新データを公開へ|仮想通貨市場の透明性向上が目的

CoinMarketCap、新たなデータ公開へ
業界最大級の仮想通貨情報統計サイト「CoinMarketCap」はデータの透明性を向上するために新たなデータを公開していく方針を明らかにした。BitWiseが公開した「仮想通貨取引量の95%が水増しされている」とするレポートに対応する形となっている。

CoinMarketCap、ビットコイン取引量疑惑のレポートに対応

先日、仮想通貨企業BitWiseが公開した「ビットコインの日間取引量の95%がフェイクである」とする200ページ以上に及ぶレポートが波紋を呼んでいる中、大手メディアブルームバーグが仮想通貨情報サイトCoinMarketCapも今回のレポートに対応して新たなデータを公開していく方針を明らかにした。

ブルームバーグによると、CoinMarketCap社はBitWiseのレポート内容が間違っていないことを認めた上で、今後「さらなる透明性を提供するため」、ホットウォレットやコールドウォレットの残高や取引所のトラフィックデータなどを追加していく計画がある。

今回CoinMarketCapのChan氏が追加すると述べたデータは、出来高の水増し疑惑を指摘したBitWise社が米SECに提出したレポートにもある内容にも対応したものが含まれている。(米ブルームバーグ報道)

BitWise社レポートの背景

BitWiseは1月下旬に提出していた独自のETFを米SECに認可されるために、対談の中で、CoinMarketCap上95%の取引量が実際より小さいと指摘しており、その中で実際の取引量が100万ドル以上で信頼できるのは以下の取引所のみだと述べている。

BitWiseのこのようなレポートに対応する形でCoinMarketCapは今回ブルームバーグに対して対策を組んでいることを明らかにした。

最大級の仮想通貨情報サイトであるCoinMarketCap社は以前から「取引量の偽装」を問題視しており、昨年7月には「データの透明性向上」に努めていく姿勢を表明している

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B