GTI指標が買われすぎを示唆、海外取引所のハッキング被害も下落要因に|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

GTI指標が買われすぎを示唆、海外取引所のハッキング被害も下落要因に|仮想通貨市況
 

GTI指標が買われすぎを示唆、海外取引所のハッキング被害も下落要因に|仮想通貨市況

仮想通貨市場
シンガポールの仮想通貨取引所が、ハッキング被害を受けたことが判明したため、相場の下落を後押しした。ビットコイン価格のボラティリティが下落の一途にあり、昨年11月5日の1.43%に迫る2%弱となっている。

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、今年最大の下落幅となる前日比-650円を記録した反動で全面高。日経平均株価は、前日比451円高の21428円となるなど、乱高下を見せている。

これに伴い、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も反発、特に顕著だったのはSBIホールディングス(8473)で、前日比5.99%高の2,532円まで回復。権利付き最終売買日の26日には、大規模な配当再投資の買いが入る可能性もあり、本決算を控えて期待が集まっているものと考えられる。

ビットコインテクニカル分析

ビットコインが買い過多ラインに接近

BTCボラティリティも低下

免責事項

4時間足が弱気を示唆しており、チャネルライン下抜けで、厳しい状況にあるビットコイン(BTC)価格。Fib0.382の3940ドル(43.5万円)付近で下げ止まっている状況だが、ここを下抜けた場合、Fib0.5の3840ドル(42.4万円)まで下落する可能性も考えられる。このラインは、2月下旬の急落と、3月上旬の下ヒゲがついたポイントにも相当する。

不正流出した一部のETHが取引所Huobi、Binanceに、一部のUSDTはBittrexなどに送金されたが、該当の取引所へ連絡を取っており、現在HuobiとGate.ioによって資金の入金はブロックされている。

なお、3月30日(土)午前1時には、「CMEのビットコイン先物3月物SQ」が控えている。相場が乱高下する可能性もあるため、要注意だ。

ブルームバーグは、ビットコイン価格が買い過多ラインに接近していると報道した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B