【速報】JR東日本が語る構想 スイカの仮想通貨チャージの真相とは| ディーカレット事業説明会

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【速報】JR東日本が語る構想 スイカの仮想通貨チャージの真相とは| ディーカレット事業説明会
 

【速報】JR東日本が語る構想 スイカの仮想通貨チャージの真相とは| ディーカレット事業説明会

JR東日本が語る構想
東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の常務執行役員 野口 忍氏が、スイカの仮想通貨チャージやデジタル通貨やキャッシュレスに関する思いをディーカレットの関係者向け事業説明会で語った。JR関係者が語ったのは初めて。

JR東日本が語る構想

国内、あるいはインバウンド。様々な年齢層の利用客がいる中で、デジタル通貨への対応は、お客様のニーズを満たす有力な選択肢の一つと考えています。

株式会社ディーカレットは27日、都内で事業説明会を関係者向けに開催した。ディーカレットは3月25日仮想通貨交換業者の登録を完了した企業で、高品質な格安SIM/格安スマホと取り扱うインターネットイニシアティブ(iiJ)やJR東日本など、国内の最大手企業など19社が出資し、2018年に設立された企業だ。

輸送事業は、多くのお客様がご利用になり、安定性や信頼性も必須です。

19社目の登録となるが、新規事業者としては初めての登録となる。

したがって、決済を連携して、顧客の利便性を高める時代になると考えています。

ディーカレット社は、iiJのノウハウをベースに信頼性の高い仕組みを築き上げていきます。

テレビ朝日のニュース番組で報じられたスイカの仮想通貨チャージに関して、事業説明会の中で、株主代表者として東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の常務執行役員 野口 忍氏が、デジタル通貨(仮想通貨)に関する思いを語った。野口氏は、サービスのシステム開発・運営とリテール決済事業を行っている。

メインバンクを目指すということで、それに相応しい規模を備えていると期待しています。

注目されたスイカの仮想通貨チャージについて

なお、ディーカレット代表取締役社長の時田 一広氏は、「検討こそしていますが、現時点で具体的な計画はない」と報道ほどの具体的な計画はまだないと説明している。

我々には、「次の当たり前を作る」というキャッチフレーズがあります。ぜひ一緒に作っていきたいたいです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B