ビットコインよりXRP(リップル)とEOSを高く評価【米格付け企業 2019年仮想通貨ランキング】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインよりXRP(リップル)とEOSを高く評価【米格付け企業 2019年仮想通貨ランキング】

ビットコインよりXRP(リップル)とEOSを高く評価【米格付け企業 2019年仮想通貨ランキング】

ビットコインよりXRP(リップル)とEOSを高く評価【米格付け企業 2019年仮想通貨ランキング】

米格付け会社のWeiss Rating(ウェイス・レーティング)は26、2019年の仮想通貨相場の展望についてリポートを発表し、仮想通貨XRP(リップル)をビットコインより高くランク付けした。

「輝かしい未来に暗い影」と題されたリポートは、120種の仮想通貨を分析。普及率や技術の観点からそれぞれのグレードを付与した。

トップは、時価総額では第3位の仮想通貨XRPで、ランクA。クロスボーダー(国をまたいだ)送金市場でSWIFTと競争する上で「最も良い位置にいる」と述べた。2位はEOSで、イーサリアムに挑戦する有望な仮想通貨で、「新しいインターネットの中心」になろうとしていると評した。

3位はビットコイン。同じくAランクで、取引速度アップや手数料削減を目指すライトニングネットワークのアップグレードに加えて、預金者や投資家にとって人気ある価値保存手段になれると述べた。

続いて、イーサリアム(A-)、カルダノ(B+)と続く。

Weiss Crypto Ratings annual outlook

一方、ウェイス・レーティングがリスクと報酬という観点から評価したところ、A判定を受けた仮想通貨はゼロ。EOS、XRP、ビットコイン、バイナンスコイン(BNB)に付与されたB-が最高だった。

ウェリス・レーティングの創業者であるマーティン・D・ウェイス氏は、弱気相場にも関わらず、仮想通貨に投資する最高の機会があると述べた。

「2018年初頭から続く価格低迷にも関わらず、我々のモデルは仮想通貨業界の重要な階層で取引高の増加、ネットワークの拡大、セキュリティーの充実があったことを示す強固な証拠を提示した(中略)リスクを取ろうとするものにとっては、投資をするベストなタイミングがかなり近いだろう」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Weiss Crypto Ratings Puts Bitcoin Aside EOS and XRP in Annual Outlook

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B