ビットコイン及びアルトコインは大幅反発、国内で相次ぐ重要ファンダが「春の訪れ」を示唆|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン及びアルトコインは大幅反発、国内で相次ぐ重要ファンダが「春の訪れ」を示唆|仮想通貨市況
 

ビットコイン及びアルトコインは大幅反発、国内で相次ぐ重要ファンダが「春の訪れ」を示唆|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●仮想通貨市場が大幅反発

●Messariの「信頼出来る取引所TOP10」にbitFlyerが選出

●2020年6月のBTC半減期に市場価値1兆ドルの強気予想

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、配当権利落ちの影響で反落。前日比49.66円安の21,378円となった。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、横ばいだったが、JR東日本など国内大手19社出資する仮想通貨交換業者ディーカレットの思惑で、インターネットイニシアティブ(3774)が、前日比2.81%高となった。

ビットコインテクニカル分析

仮想通貨データサイト、主要取引所の出来高まとめた指標を表示へ

海外大手仮想通貨取引所Bittrex、4月初旬にIEO提供

免責事項

前日までの4時間足での弱気形状とは異なり、短期足では、力強い値動きを見せつつあると言えるだろう。bitFlyerのBTCFX価格で44.7万円を明確に上抜けた場合、直近高値の46万円チャレンジが再び見えてくる

本日、金融庁に認可を受けたばかりの仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の「Suica」を含む複数の電子マネーで、今年6月から仮想通貨でチャージ出来るサービスを検討していることが分かったことが材料視された。Suicaは、7500万枚発行されるSuicaは、大手コンビニなど58万店で利用可能だ。

2019年以降は、みなし業者だった国内最大手取引所コインチェックが今年1月に認可されたことに始まり、楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン)と、新規登録第一号となるディーカレットに認可が下りた。

また直近では、Yahoo!JAPANが出資する仮想通貨取引所「TAOTAO(旧ビットアルゴ東京)」が口座開設をスタート。さらに、自主市営団体の奥山会長が率いるマネーパートナーズが、国内大手の大和証券と提携して子会社の設立を発表している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B