仮想通貨の長い冬 打開策はアルトコイン?|一部投資家に買い戻し傾向

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨の長い冬 打開策はアルトコイン?|一部投資家に買い戻し傾向
 

仮想通貨の長い冬 打開策はアルトコイン?|一部投資家に買い戻し傾向

仮想通貨に春の兆

●最新マーケット情報

●アルトコインに今後を相場を見るヒントが?

●マスメディアの論調に変化

仮想通貨に春の兆し

ビットコインは昨日の急落水準から反発、一定の底堅さこそみせたが、依然として上値は重く、下値不安が継続している。

昨日には、シンガポール拠点で2つの取引所に新たなハッキングが発覚したことで、流出通貨の売り圧力(ハッカーによる売却)が警戒されたが、流出通貨のトラッキングを行なった大手取引所で資産凍結の対応が行われたほか、DragonEXの全額の保証対応を早急に発表した事で、相場への影響は限定的に留まった。

2019年に入り、Binanceが取引所主導で行うトークンセールIEOを成功させた事で、アルトコインへの投資資金流入が加速、IEOを実施する取引所のトークン(Binance=BNB)とトークンセールの通貨が高騰する事例が多発した。この波を逃すまいとHuobiなどもトークンセールを実施、数秒で340万ドルを調達するなど、続く取引所からも成功事例が相次ぐ状況となる。

まさに2017年のICOバブルの状況と再現性高い動きだ。しかし、IEO実施時の取引所トークン価格の上昇に陰りが見え始めているほか、IEO後の上場倍率も右肩下がりになってきており、短期的なブームで終わるとの見方もある。

アルトコインが打開策か

総括

過去最長の下落相場に置かれている仮想通貨市場は、弱気トレンドの影響で、アルトコインの上昇余地は限定的、ましてやビットコインの下落にも大きな影響が見られた状況が続いてきたが、IEOをきっかけにアルトコインの個別材料に反応した資金流入が多く見られ始めた。

ビットコインドミナンスを圧迫する要因には、主要仮想通貨以外のOthers(チャート内グレー)の台頭がある。これは、仮想通貨の時価総額がより分散化されてきた事を示唆し、リスク性の高い”低時価総額の通貨”に資金流入が集まっている状況を意味する。

一方で、時価総額が圧迫されている通貨にはビットコインのほか、リップルやイーサリアムなど時価総額の高い通貨が入る。これは、これらの通貨が上昇で出遅れている状況にある事を示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B