英最新仮想通貨格付け、ビットコインやXRP(リップル)などが技術採用部門でA評価獲得 2019年は好転的な見通し

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英最新仮想通貨格付け、ビットコインやXRP(リップル)などが技術採用部門でA評価獲得 2019年は好転的な見通し
 

英最新仮想通貨格付け、ビットコインやXRP(リップル)などが技術採用部門でA評価獲得 2019年は好転的な見通し

英仮想通貨格付け
米大手格付け会社Weiss Ratingsが最新仮想通貨格付けレポートを公開、ビットコインやXRP(リップル)、EOS、 Binance Coinに技術採用部門でA評価を与えるなど、2019年の好転的な見通しを発表した。現仮想通貨業界の状況や今後の投資時期に関する言及も見られた。

英仮想通貨格付け

今回の格付け注目点

米大手格付け会社Weiss Ratingsの仮想通貨部門であるWeiss Cryptocurrency Ratingsが最新レポート「Weiss Cryptocurrency Outlook(3月版)」を発表し、BTC、XRP、EOS、 Binance Coinが「テクノロジー・採用(Technology / Adoption)」の評価で最高グレードとなるAを獲得した。続いて、ETHがA-に、B+にはADA、STEEM、NEO、ZEC、LTC、XLMが高評価の格付けを獲得した。

総合評価で「A」を獲得した仮想通貨はなかったものの、2019年の好転的な見通しとなる内容となっており、同社創設者も結果を受け、投資時期の前向きな見解を示した。(後述)

今回新たに詳細な格付け内容として公開された「テクノロジー・採用」の組み合わせ評価は、以下のような評価基準が取られているという。

「テクノロジー」は匿名性のレベル、金融政策の洗練性、ガバナンス能力、コードを改善する能力または柔軟性、エネルギー効率、スケーリング・ソリューション、他のブロックチェーンとの相互運用性などの要素を考慮したソフトウェア機能を評価するもの。

総合評価格付けは?

BTCの総合評価格上げ、「テクノロジー・採用」はトップグレード

圧倒的なトランザクション量の伸びを示したEOS

DROPベースの仮想通貨のトランザクション量が急増

創設者Weiss氏「投資に最善の時期は非常に近い」

理由としては、ここ数カ月間、仮想通貨の価格は低迷しており、ほぼ全仮想通貨が「投資リスク・収益」で低スコアとなった。そのため総合評価の最高グレードはB-にとどまっている。

同レポートでは仮想通貨業界において以下の5つのトレンドを指摘した。

なお、格付けの注目点や変更点は以下の通りだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B