ビットコインは長期レジスタンスに最接近、3月の値幅が記録上最も低いボラティリティに|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインは長期レジスタンスに最接近、3月の値幅が記録上最も低いボラティリティに|仮想通貨市況
 

ビットコインは長期レジスタンスに最接近、3月の値幅が記録上最も低いボラティリティに|仮想通貨市況

仮想通貨市場
株式市場の大幅安やトルコリラ乱高下など大荒れ模様の中、BTCなど仮想通貨市場は好ファンダの援護もあり反発を見せる。現在は、昨年何度も阻まれた日足レジスタンスラインの攻防に差し掛かっている。

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、一時前日比400円安となるなど、大幅続落した。米国株安の影響で売りが先行したほか、リスク要因としては新興国通貨安も意識されている。

背景にあるのは、22日に昨年の通貨危機以来の下落率を記録した「トルコリラ」の暴落だ。チャートを確認すると、BTC以上の乱高下を見せている。(下図)

トルコのエルドアン大統領は27日、自国通貨のリラ安を防ぐため、投機売りを困難にする措置を国内銀行に命じたが、これが逆効果に。自由な売買を抑制したことで流動性枯渇によるリスク不安が急速に高まり、投資家が株や債券を大量売却。トルコ市場から撤退する動きが加速したという。

経常赤字国のトルコでは18年夏にも通貨危機が発生、インフレによる食糧品の値上がりや失業増加で国民生活を直撃している。

ビットコインテクニカル分析

低ボラティリティは仮想通貨への関心度向上か|仮想通貨有識者が語る

さらに27日、大手仮想通貨取引所OKExは、トルコ国内でのC2C取引(消費者同士の売買)を開始したことを発表。リラの急落が背景となり、トルコ国内での仮想通貨の需要が高まることが予想される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B