仮想通貨ステラ 流通量の4分の1が不正売却されていた可能性が浮上

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ステラ 流通量の4分の1が不正売却されていた可能性が浮上

仮想通貨ステラ 流通量の4分の1が不正売却されていた可能性が浮上

仮想通貨ステラ 流通量の4分の1が不正売却されていた可能性が浮上

仮想通貨ステラ(XLM)が、2017年4月当時インフレを引き起こすバグを抱えており、実際に22億5000万XLM(当時の価格で約11億円相当)の作成に悪用されたという。仮想通貨関連の財務情報などを調査する企業メサーリ(Messari)が、3月27日に公表したレポートで明らかにした

レポートによると、不正に作成されたXLM(市場流通量の1/4相当)は仮想通貨取引所に移動され、2017年上半期に売却された可能性があるという。また、意図したXLMの供給量の維持とトークン価値の希薄化回避のため、同量のXLMが投入されたそうだ。

関連するアドレスや記録は、XLMの取引履歴を検索できる「ステラ・エキスパート」やほかのブロックエクスプローラーからアクセスできなくなったものの、XLMクライアントアプリ開発などに向け公開されているライブラリ群「ホライゾン(Horizon) API」を利用することで参照できるという。これまでXLMのインフレバグとその悪用、対応策について報じたメディアはないという。

一方、XLMを支えるステラ開発財団は、メサーリに対してこの問題を隠していないと述べたという。メサーリのレポートでは、同財団が、インフレバグとその悪用についてプロトコルのリリースノートで2回言及したというコメントを引用している。また同財団は、適切な情報開示の重要性を認めたとした。

「我々は、XLMが重要な金融系ソフトウェアになったことを認識しており、情報開示基準にその現実・責任の重さを反映させた。該当のバグ以来注目に値するものは存在せず、もしあったとしても、パッチの適用と情報の開示を即座に行う。」

続けて同財団は、先月公開した2019年のXLMロードマップにおいて、今年末までに同財団のすべてのXLMに関して、完全な会計処理を行うと約束したことを指摘した。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Stellar Patched an Inflation Bug and Burned the Resulting 2.25 Billion XLM: Research

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B