インド政府、コーヒーの生産・販売にブロックチェーン技術を活用 取引アプリを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インド政府、コーヒーの生産・販売にブロックチェーン技術を活用 取引アプリを公開

インド政府、コーヒーの生産・販売にブロックチェーン技術を活用 取引アプリを公開

インド政府、コーヒーの生産・販売にブロックチェーン技術を活用 取引アプリを公開

インドにおけるコーヒー生産を推進するインド政府商工省(MCI)のコーヒー委員会が、コーヒー生産者と購買者を直接結び付け中間業者を削減するため、ブロックチェーン基盤の電子商取引アプリのテスト版を公開した。MCIが公開した3月28日のプレスリリースにより明らかになった

このアプリは、インドで生産されるコーヒーについて、「豆からコーヒーカップまで」のサプライチェーンの透明性とトレーサビリティの向上を目的としている。またこのプロジェクトには、農業向け電子管理プラットフォーム「M/sエカ・プラス(M/s Eka Plus)」が協力した。

インドのビジネス誌ビジネス・ラインによると、インドには35万人以上のコーヒー生産者がおり、今回のアプリでは、まず限られた生産者のみ参加するパイロット版として4~5ヵ月間運用する予定としている。テストの成功が見込める場合、インド全体のコーヒー生産者に対象が拡大されるだろうとした。

ブロックチェーンは、サプライチェーンの効率化を図るため、世界中の食品製造業者に採用されている。

3月19日、米農務省の豚肉委員会が、スタートアップ企業ライプ・アイオー(ripe.io)と提携した。持続可能性、食品安全基準、家畜の健康、環境保護などの監視・評価を目的に、豚肉用サプライチェーン向けのブロックチェーン基盤プラットフォームのテストを行う。

2月23日には、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、農産物のサプライチェーン管理にブロックチェーン技術を活用することを提案。ブロックチェーンが農産物の清算と流通に透明性をもたらし、消費者のトレーサビリティへの懸念解消にも役立つと述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 India to Use Blockchain to Improve Coffee Supply Chain

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B