マスターカードとウェルズ・ファーゴ「ブロックチェーンは長期的には可能性ある」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マスターカードとウェルズ・ファーゴ「ブロックチェーンは長期的には可能性ある」

マスターカードとウェルズ・ファーゴ「ブロックチェーンは長期的には可能性ある」

マスターカードとウェルズ・ファーゴ「ブロックチェーンは長期的には可能性ある」

米カード決済大手マスターカードと米大手銀行のウェルズ・ファーゴの両CEOは、ブロックチェーン技術には長期的な可能性はあるがまだ実現されていない、との見解を示した。CNBCが3月28日に報じた

ウェルズ・ファーゴのティム・スローンCEOとマスターカードのアジェイパル・バンガCEOは、3月27日に開催されたフィンテック・アイデア・フェスティバルでのCNBCのインタビューに対し、分散型元帳テクノロジー(DLT)は可能性を秘めているものの、現時点ではまだ明確なビジネスユースケースはないとコメントした。 

さらにウェルズ・ファーゴのスローンCEOは、2016年10月にオーストラリアのコモンウェルス銀行との間で行われたブロックチェーン技術を使ったテストプロジェクトに触れ、この技術の展開が非常に遅いと強調した。テストプロジェクトでは1回の取引しか行われなかったとし、「時間が経つにつれて」より大きな影響を与えるようになるだろうと結論付けた。

マスターカードのバンガCEOは、ブロックチェーン技術には「興味深い可能性」があると述べ、これは無視すべきではないとした。バンガCEOは具体的にサプライチェーンの効率化を促し、偽造品をめぐる問題に対処する技術の可能性について概説した。 しかし、「ブロックチェーンを活用したビジネスモデルはまだ確立されていない」とも主張した。

マスターカードとウェルズ・ファーゴは、両社ともブロックチェーン技術の利点を積極的に模索している。マスターカードはブロックチェーン特許の数で世界第3位にランクされており、ウェルズ・ファーゴは2018年7月にフォーブスが発表したブロックチェーンを調査している上場企業50社に入っている。

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版
原文 CEOs of Mastercard and Wells Fargo Concur on Blockchain’s Long Term Potential

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B